使用方法

AEDとは何か

 AEDとは、AutomatedExternalDefibrillatorの頭文字をとったもので、「自動体外式除細動器」とも呼ばれており、突然の心肺停止者に対して心臓への電気ショック(除細動)を自動的に行うことができる機器のことです。

 AEDは、コンピューターによって傷病者の心臓のリズムを自動的に調べ、電気ショックが必要かどうかを自動的に決定するとともに、操作の方法を音声で指示してくれます。

 このAEDの登場により、医師や救急救命士などの専門職以外の人でも、安全かつ確実に電気ショックができるようになりました。

 

なぜAEDなのか

 現在、病院以外で突然亡くなられる方の死因のほとんどは、心臓の病気であるといわれています。

 その心臓の病気の大部分は、「心室細動」という心臓のけいれんによるものです。

 「心室細動」になるとポンプとしての役割を果たせず、助かるチャンスは刻一刻と失われていきます。

 この「心室細動」を正常な状態に戻す唯一の方法は、除細動と言われる「心臓への電気ショック」です。

 その電気ショックをいち早く行えるのがAEDなのです。

 

AEDの種類   

AEDの種類1

AEDの種類2

AEDの種類3

AEDの種類4

使用方法

電源を入れます。

AEDのふたを開け電源を入れると使用方法を音声により指示します。
(ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。)

AED使用方法1

電極パッドを貼ります。

 袋から電極パッドを取り出し、音声指示のとおり倒れている人の素肌にしっかりと貼ります。

AEDの使用方法2

AEDの使用方法3

心電図を解析する。

 電極パッドを貼り付けると、傷病者から離れるよう音声指示が流れ、自動的に心電図の解析が始まります。

 電気ショックが必要かどうか判断しますので、その間は、倒れている人に触らないで下さい。

AEDの使用方法1

AEDの使用使用方法4

電気ショックを行う。

 自動解析で電気ショックが必要と判断されたら、音声指示に従って操作します。

 倒れている人に誰も触れていないことを再度確認してから、点滅しているボタンを押して電気ショックを行います。

AEDの使用方法5

心肺蘇生とAEDの手順を繰り返す。

 電気ショックの後、または、電気ショックが必要ないと判断された場合は、心肺蘇生法(30対2)を救急隊員や医師に引き継ぐまで繰り返し行います。

AEDの使用方法6

 

消防署では、心肺蘇生法とAEDの使用方法などを習得する講習会を実施していますので、いざという時に役立てるためぜひ受講してください。

お問い合わせ
消防本部・消防署