地震に備えて

  いざというときの家族の役割や避難場所、連絡方法などについて家庭で話し合っておきましょう。
 非常持ち出し品は、まとめておきましょう。

 

地震が発生したときの行動は、つぎのとおりです。

  • 自分自身と家族の安全を確保しましょう。
  • すばやく火の始末をしましょう。
  • 窓や戸を開けて出口を確保しておきましょう。
  • 火が出たらすぐに初期消火に努めましょう。
  • あわてて外に飛び出さないようにしましょう。
  • 狭い路地や塀ぎわには近づかないようにしましょう。
  • 山崩れや、がけ崩れに注意しましょう。
  • 避難は徒歩で、荷物は最小限にしましょう。
  • 助け合って応急救護に協力しましょう。
  • 正しい情報を聞くようにしましょう。

地震が発生したときの避難要領(PDF:84.6KB)

避難

 

家の内外を調べて安全対策を行いましょう。

  • プロパンガスのボンベは固定しておきましょう。
  • 照明器具はしっかりと取り付けておきましょう。
  • ベッドや寝るところに、倒れかかる家具を置かないようにしましょう。
  • ストーブの近くに、燃えやすいものを近づけないようにしましょう。
  • 高いところに、落ちると危険なものを置かないようにしましょう。
  • ブロック塀に異常がないか、補強はされているかどうか点検しておきましょう。  

家具の固定

 

 

もしもの備え

非常用持ち出し袋チェックリスト(PDF:625.7KB)

お問い合わせ
防災・防犯推進室

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。