子宮頸がん予防のためのHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンについて(5月13日更新)

子宮頸がん予防のためのHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン、キャッチアップ接種を実施します、定期接種対象の人にも個別のお知らせを送付します

 

 

◆ウイルス感染で起こる子宮頸がん

日本では毎年約1.1 万人の女性が子宮頸がんになり、およそ2,900 人が亡くなっています。
子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因と考えられています。このウイルスは、女性の多くが一生に一度は感染するといわれるウイルスです。

HPV

 

子宮頸がん予防のためのHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの個別勧奨再開について

子宮頸がん予防のためのHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンは、ワクチンとの因果関係を否定できない副反応が見られたことから、国からの通知において、平成25年(2013年)6月以降、副反応の発生頻度などが明らかになるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされてきました。
令和3年(2021年)11月26日の国の通知をもって、積極的な勧奨を差し控える状態を解消し、令和4年度より順次、HPVワクチンの個別勧奨を再開することとなりました。

 

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種について

HPV2

◆定期接種

対象 平成18年(2006年)4月2日~平成23年(2011年)4月1日生まれの女性(小学6年生~高校1年生相当)
※中学1年生~高校1年生の女性には5月中に個別通知を送付します
(小学6年生は標準的な接種年齢になる中学1年生時点で個別通知を送付します)
費用 無料
接種回数 3回
接種期間 高校1年生相当の年度末まで

 

◆キャッチアップ接種

積極的勧奨を差し控えていた期間に接種機会を逃した人を対象に、公平な接種機会を確保するため、期間を限定して従来の定期接種対象年齢を超えて実施するキャッチアップ接種を行います。

対象 平成9年(1997年)4月2日~平成18年(2006年)4月1日生まれで過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない女性

6月以降順次、個別通知を対象者へ送付します

※平成18年度(2006年度)・19年度(2007年度)生まれの女性は、定期接種の対象年齢を超えても、令和7年(2025年)3月31日まで接種が可能です

費用 無料
接種回数 3回(1回または2回接種済の人は残りの回数が対象)
接種期間 令和7年(2025年)3月31日まで ※個別通知が届く前でも接種は可能です。
HPVキャッチアップ

 

【厚生労働省】HPVワクチンの接種を逃した方へ~キャッチアップ接種のご案内~

 

 

接種医療機関

 

◆予防接種の実施医療機関は、こちらの実施医療機関のページをご覧ください。

 

 

 

HPVワクチンの接種を自費で受けた人への償還払いについて (5月13日更新)

NEW

定期接種の対象年齢を過ぎて、HPVワクチン(2価、4価ワクチン)を自費で受けた人に接種費用の助成を行います。

 

対象 次の1~4をすべて満たす人
  1. 令和4年4月1日時点で大阪狭山市民であること。
  2. 平成9年(1997年)4月2日から平成17年(2005年)4月1日までに生まれた女子
  3. 16歳になる年度(高校1年生相当)の年度末までにHPVワクチンの3回接種を完了していないこと。
  4. 17歳になる年度(高校2年生相当)以降、令和4年3月31日までに2価ワクチン(サーバリックス)または4価ワクチン(ガーダシル)の予防接種を受けて、実費を負担したこと。
注:接種を受けたときに大阪狭山市民ではなかった人でも、令和4年4月1日時点で大阪狭山市民であれば大阪狭山市が申請先となります。
注:令和4年4月1日時点で大阪狭山市以外の市区町村に住んでいた人は、その市区町村の予防接種担当窓口にお問い合わせください。 
申請方法 次の1~4を準備し、保健センターへ提出してください。
  1. 接種費用の支払を証明する書類(領収書及び明細書、支払証明書など) ※紛失等している場合は、保健センターまでご相談ください。
  2. 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄の写しなど) ※紛失等している場合は、大阪狭山市ヒトパピローマウイルス任意予防接種費償還払申請用証明書など接種記録が確認できる書類を予防接種を受けた医療機関で発行していただく必要があります。
  3. 大阪狭山市ヒトパピローマウイルス任意予防接種費償還払申請書兼請求書 ※押印要
  4. 大阪狭山市ヒトパピローマウイルス任意予防接種費償還払明細書
申請受付 大阪狭山市立保健センター(健康推進グループ)
〒589-0032 大阪狭山市岩室1丁目97番地の3
電話番号 072-367-1300
申請期限 令和7年(2025年)3月31日
助成額 市で定める額と予防接種にかかった額のいずれか少ない額

 

 

大阪狭山市ヒトパピローマウイルス任意予防接種費償還払申請書兼請求書(PDF:120.7KB)

大阪狭山市ヒトパピローマウイルス任意予防接種費償還払申請用証明書(PDF:62.6KB)

大阪狭山市ヒトパピローマウイルス任意予防接種費償還払明細書(PDF:65.4KB)

 

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症について

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、性的接触のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭(せんけい)コンジローマなど多くの病気の発生に関わっています。

特に、近年若い女性の子宮頸がんのり患が増えています。

HPV感染症を防ぐワクチン(HPVワクチン)は、小学校6年~高校1年相当の女子を対象に、定期接種が行われています。

 

★【詳しい情報はこちらのリーフレットをご覧ください】

リーフレット(概要版) リーフレット(詳細版)
HPV3 HPV4

 

◆ワクチン接種の効果とリスク

効果

HPVワクチンは、子宮頸がんをおこしやすいタイプであるHPV16型と18型の感染を防ぐことができます。そのことにより、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。
HPVワクチンを導入することにより、子宮頸がんの前がん病変を予防する効果が示されています。また、接種が進んでいる一部の国では、子宮頸がんそのものを予防する効果があることも分かってきています。

接種を1万人が受けると、受けなければ子宮頸がんになっていた約70人が、がんにならなくてすみ、約20人の命が助かる、と試算されています。

リスク

接種を受けた部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こることがあります。

まれに、重いアレルギー症状や神経系の症状が起こることがあります。

因果関係があるかどうかわからないものや、接種後短期間で回復した症状をふくめて、接種後に生じた症状として報告があったのは、接種1万人あたり、約10人です。
このうち、報告した医師や企業が重篤と判断した人は、接種1万人あたり、約6人です。

すべてのワクチン接種には、効果とリスクがあります。よく理解したうえで接種を検討してください。

 

標準的なワクチン接種スケジュール

2価ワクチン(サーバリックス) 4価ワクチン(ガーダシル)
中学1年生の間に、1ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。 中学1年生の間に、2ヵ月の間隔をおいて2回接種を行った後、1回目の接種から6ヵ月の間隔をおいて1回の接種を行います。

HPV接種間隔

 

新型コロナウイルス感染症の流行のために接種を控えている人へ

予防接種は、決して「不要不急」ではありません。
まだ接種期間内の方は、お早めに接種をお済ませください。
詳しくは、こちらをご覧ください。

 

HPVワクチンの接種を受けた人へ

HPVワクチンの接種を受けた後は、体調に変化がないか十分に注意してください。

★【詳しい情報はこちらのリーフレットをご覧ください】

リーフレット(接種を受けた後版)
HPV接種後

 

HPVワクチンに関するQ&A

HPVワクチンのQ&A


9価HPVワクチン(シルガード9)について

 

 

子宮頸がん検診について

HPVイラスト

子宮頸がんで苦しまないために、私たちができることは、HPVワクチンの接種と子宮頸がん検診の受診の2つです。

20歳になったら、子宮頸がんを早期発見するため、子宮頸がん検診を定期的に受けることが重要です。(HPVワクチンで防げないタイプのHPVもあります)
ワクチンを接種していても、していなくても、20歳になったら2年に1回、必ず子宮頸がん検診を受けて下さい。

※詳しくは、「各種がん検診」のページをご覧ください。

 

 

HPVワクチンに関する相談先一覧

HPVワクチンに関してのご相談は以下をご参照ください。
 

接種後に、健康に異常があるとき

まずは、接種を受けた医師・かかりつけの医師にご相談ください。
各都道府県において、「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関」を選定しています。
協力医療機関の受診については、接種を受けた医師又はかかりつけの医師にご相談ください。
 

■【大阪府】不安や疑問があるとき、困ったことがあるとき

受付日時:平日9時から12時15分、13時から18時(土・日・祝日、年末年始を除く)
相談内容 相談機関

総合的な相談窓口

(医療、健康被害救済制度等に関するご相談)

大阪府健康医療部保健医療室感染症対策企画課 感染症・検査グループ
(電話番号)06-4397-3549

学校生活に関する相談窓口

(通学、学習、進級・進学等に関するご相談)

大阪府教育庁教育振興室保健体育課 保健・給食グループ
(電話番号)06-6944-9365

 

■【国】HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談

受付日時:平日9時から17時(土・日・祝日、年末年始は除く)

(電話番号)050-3818-2242

※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません。
※この相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています。
 

■【大阪狭山市】予防接種による健康被害救済に関する相談

受付日時:平日9時から17時30分(土・日・祝日、年末年始は除く)

大阪狭山市健康福祉部健康推進グループ(保健センター)

(電話番号)072-367-1300


HPVワクチンを含むワクチン全体の健康被害救済制度については、「予防接種健康被害救済制度」のページをご覧ください。

 

厚生労働省 ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~

大阪府 HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンについて

 

 

 

 

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。