手作りマスクの作り方

市民の皆様には、新型コロナウィルスの感染予防対策に、日々ご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 咳エチケットのための使い捨てマスクがない場合などは、ご家庭にあるガーゼハンカチや布、ゴムひもを使って作れる布マスクをお勧めしております。

下記の「かんたん布マスクの作り方」「手作り布マスクの作り方」を参考に作ってみてください。

※一般に、布マスクではウィルスの侵入を防ぐことはできないと言われていますが、布を重ねて使用することで、咳やくしゃみの飛沫を防ぐ効果は期待できます。

※布マスクは、家庭用の漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を各製品の規定の濃度に薄めた水に浸して消毒したあと、洗濯、乾燥させると、清潔に使用できます。

かんたん 布マスク

用意するもの

  • ガーゼハンカチ 30cm×30cm
  • マスク用ゴム(ヘアゴムでもよい) 35~40cm×2本

 

(1)ガーゼハンカチと輪にしたマスク用のゴムを用意します。

(2)ガーゼハンカチを上下に三つ折りにします。

(3)さらに、左右の両はしを輪にしたゴムを通し、折りたたみます。

(4)片方のはしを、反対のはしに入れ込み、両はしが重なるようにし、重ねた側を、鼻と口に接するように、着用します。(ティッシュやガーゼを鼻や口に接する側に挟んで着用すると、汚れたときに交換できます。

できあがり

手作り布マスク

用意するもの

  • 布 30cm×30cm
  • マスク用ゴム 30cm×2本
  • 型紙

 

(1)型紙を準備します。

  上が子ども用

  下が大人用です

※ホームページ下の手作りマスクの作り方(PDFファイルに大人用マスク原寸大の型 紙を入れています。作り方について、より詳しく知りたい方はPDFファイルをご覧ください。

型紙

(2)布を半分に折り、型紙に沿って切り取ります。

表布、裏布それぞれ切り取ってください。

(3)表布、裏布をそれぞれ縫い合わせます

右側の縫い目はしつけ縫いです。

必須ではありません。

(4)カーブ部分に切れ目を入れます

2mmくらいの深さで1cm間隔くらいの切れ目を入れます。

切れ目を入れた後に縫いしろをアイロンで割ってください。(表布、裏布とも)

(5)表布と裏布を、中表にしてぴったり合わせます。

(6)上下と縦(どちらか片方)を縫ったら表に返します。

(7)アイロンで形を整えます。

(8)表布の両側を内側に折りこみ、アイロンをかけます。(切れ端が見えないように)

(9)両側にゴム通しを作ります。1.5cm程度折りこんで縫い、ゴムを通します。

(10)顔のサイズに合わせてゴムを結び、結び目の部分をマスクにかくして完成です。

手作りマスク写真

かんたん布マスクの作り方(PDF:171.8KB)

手作り布マスクの作り方(PDF:217.2KB)

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。