国史跡指定記念 狭山池シンポジウム2015 「狭山池を未来に伝える」を開催しました

狭山池は、1400年もの間守り伝えられてきた文化遺産であり、歴史的・学術的価値の高いものと評価を受け、平成27年3月10日に国の史跡に指定されました。

第6回目を迎える今回のシンポジウムでは、国史跡指定を記念して、史跡となった狭山池を次世代へ継承するためどのように保存、活用するかを考えました。

143名の参加があり、盛況のうちに終了することができました。

パネルディスカッションの様子

お問い合わせ
教育部歴史文化グループ