子育て短期支援事業

子育て支援事業とは

 保護者が病気や仕事、出産、育児疲れなどで一時的に養育することができなくなった場合に、児童福祉施設等で子どもをお預かりし、子育てを支援する事業です。

短期入所生活援助(ショートステイ)事業

事業内容

 児童を養育している保護者が、疾病・疲労その他の身体上もしくは精神上または環境上の理由により、家庭において児童を養育することが一時的に困難になった場合や経済的な理由により緊急一時的に母子の保護を必要とする場合等に児童福祉施設等において一定期間、養育・保護を行います。

実施方法

  • 一時的に養育・保護を必要とする児童等に対し、適切な処遇が確保されるように、市が契約を締結している3か所の児童養護施設、母子生活支援施設に養育・保護を委託して行います。
  • 養育・保護の期間は7日以内です。但し、やむを得ない事情があると認められる場合には、必要最小限の範囲内で延長することができます。 

【ショートステイの保護者負担額(日額)】


※生活保護世帯、または母子及び父子世帯で、市町村民税非課税世帯に該当する場合は、負担金を免除します。また、1泊2日の場合は2日分の料金となります。

 

夜間養護等(トワイライトステイ)事業

事業内容

 保護者が、仕事その他の理由により、平日の夜間または休日に不在となり、家庭において児童を養育することが困難になった場合、その他緊急の場合において、その児童を施設において保護し、生活指導、食事の提供を行います。

実施方法

  • 対象児童を市が契約を締結した児童養護施設・母子生活支援施設に委託し、生活指導・食事の提供を行います。
    なお、この事業の実施に当たっては、生活指導を行うものを充てます。
  • 事業の利用期間は、必要最小限の範囲内で行います。

【トワイライトステイの保護者負担額(日額)】

※生活保護世帯、または母子及び父子世帯で、市町村民税非課税世帯に該当する場合は、負担金を免除します。

ご利用の流れ

※施設の空き状況やお子さんの健康状態により受け入れ困難な場合があります。

お問い合わせ
こども政策部子育て支援グループ