助産制度

 経済的理由により病院で入院助産を受けることができない妊産婦が、安心して出産ができるよう指定の助産施設へ入所し、出産に必要な費用の一部を助成する制度です。

対象者

大阪狭山市に住民登録があり、次のいずれかに該当される方です。

  1. 生活保護を受給している世帯。
  2. 当該年度分の市民税非課税世帯で、健康保険等に加入されている方。
  3. 前年分の所得税の額が8,400円以下の世帯で、健康保険等から出産一時金等が給付されない方。

費用

  1. 生活保護受給世帯:無料
  2. 市民税非課税世帯:出産一時金等の20%に2,200円を加えた額
  3. その他の世帯は、お問い合わせください。

ただし、お産セット・おむつ代など助成の対象とならないものについては、自己負担となります。

お申込み・お問合せ

助産制度を利用される方は、来庁のうえ、ご相談ください。

その際、ご家族の経済的な事情をお尋ねすることをご了承願います。

申請時に必要なもの

  • 印鑑
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 世帯全員の住民票の写し
  • 世帯全員の非課税証明書、又は生活保護の受給証明書
     
お問い合わせ
こども政策部子育て支援グループ