償却資産とは

償却資産とは

償却資産とは

固定資産税は、土地や家屋のほか、償却資産にも課税されます。償却資産とは、土地や家屋以外の事業の用に供することができる有形固定資産のことです。会社や個人で工場・商店などを経営している方、駐車場・アパートなどを貸し付けている方が、その事業用に所有している構築物、機械、器具、備品などが対象となります。

償却資産の種類

  1. 構築物(煙突・鉄塔・看板など)

  2. 機械および装置(旋盤・ポンプ・動力配線設備など)

  3. 船舶

  4. 航空機

  5. 車両および運搬具

  6. 工具・器具・備品(測定器具・切削器具・机・パソコンなど)

例えば、ミシンを家庭用として使っている場合は課税対象となりませんが、事業用として使用している場合は、償却資産として申告していただく必要があります。

申告対象となる資産

申告対象となる資産は、賦課期日(1月1日)現在において、土地及び家屋以外の事業の用に供することができる有形固定資産で、次のいずれかに該当するものです。

  • 税務会計上、減価償却の対象となる資産

  • 次のうち、賦課期日現在事業の用に供することができる状態である資産
     簿外資産(帳簿に記載されていない資産)
     償却済み資産(耐用年数を経過した資産)
     遊休資産(現在稼働していない資産)
     未稼動資産(既に完成済であっても、未だ稼動していない資産)

  • 建設仮勘定で計上されている資産

  • 職員・社員の福利厚生用の資産

  • 償却資産の価値を増加させるためにかかった費用

  • 家屋の建築設備のうち、償却資産に該当するもの

申告対象とならない資産

次に該当する資産は、償却資産の申告対象にはなりません。

  • 自動車税・軽自動車税の対象となる資産

  • 土地・家屋として固定資産税の対象となる資産

  • 繰延資産(開業費・開発費など)

  • 棚卸資産(商品・貯蔵品など)

  • 無形固定資産(特許権・商標権・営業権・ソフトウェアなど)

  • 書画・骨とう(複製されたもので、単に装飾目的に使用されるものは申告対象となります)

  • 牛・馬・果樹その他の生物(観賞用・興業用のものは申告対象となります)

 

お問い合わせ
総務部税務グループ