セーフティネット保証4号について

 大阪狭山市は、平成30年台風21号の発生により国によるセーフティネット保証4号対象地域の指定を受けました。
 セーフティネット保証4号は、自然災害などの突発的事由(噴火、地震、台風など)により経営の安定に支障が生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(100パーセント保証)を行う制度です。詳しくは中小企業庁ホームページをご覧ください。

対象

下記の条件を満たす事業者

(1)大阪狭山市で、1年間以上継続して事業を行っていること。
(2)平成30年台風21号に起因して、原則として最近1カ月の売上高などが前年同月に比して20パーセント以上減少しており、かつ、その後2カ月を含む3カ月間の売上高などが前年同期に比して20パーセント以上減少することが見込まれること。

提出書類

(1) 認定申請書(第4号) 1通
(2) 大阪狭山市で、1年間事業を営んでいることがわかる書類(確定申告書の写し、履歴事項全部証明書の写しなど)
(3) 当該災害の影響を受けた後、直近1カ月の売上高などが確認できる資料(損益計算書、試算表、売上台帳など)
(4) (3)の期間後2カ月間の売上高などの見込み値が確認できる資料(任意の形式)
(5) (3)および(4)の期間に対応する前年同期3カ月分の売上高などが確認できる資料(任意の様式)
(6) 委任状(金融機関など代表者以外が申請をする場合のみ提出、任意の様式)

手続きについて

 4号認定を大阪狭山市長から受けた後、本認定の有効期間内に信用保証協会または金融機関に対して、保証付き融資の申し込みを行うことが必要です。

様式

セーフティネット第4号の規定による認定申請書(WORD:21.5KB)

お問い合わせ
市民生活部農政商工グループ