大阪狭山市都市計画マスタープラン中間見直し

都市計画マスタープラン

都市計画マスタープランについて

 都市計画マスタープランは、正式には「市町村の都市計画に関する基本的な方針」と呼ばれ、平成4年の都市計画法の一部改正により、市町村が定めるものとされました。
 本市では、平成11年10月に都市計画マスタープランを策定し、平成23年3月に改定しています。          

見直しの目的

 本市では、平成23年3月に都市計画マスタープランを改定していますが、その後5年あまりが経過し、この間、都市計画法の改正や「第四次大阪狭山市総合計画後期基本計画」の策定、大阪府が策定する「南部大阪都市計画区域マスタープラン」の一部改定が行われました。また、少子高齢化の進展、地球環境問題への取組みの重要性の高まり、市民との協働によるまちづくりの広がり等、社会経済情勢は大きく変化しています。
 このような変化を踏まえ、上位計画である「第四次大阪狭山市総合計画後期基本計画」をはじめとする各計画との整合を図るため、「都市計画マスタープラン」の見直しを行いました。

計画の位置づけと役割

 都市計画マスタープランは、本市の基本的な計画である『第四次大阪狭山市総合計画後期基本計画』のもと、都市基盤施設等に関する部門別計画として 、また、大阪府の将来都市像を展望して定められている『大阪府南部大阪都市計画区域マスタープラン』にも即した計画として位置づけられます。

都市計画マスタープラン2

第四次大阪狭山市総合計画後期基本計画

(大阪府)都市計画区域マスタープラン

計画の位置づけ

社会経済情勢等を踏まえた計画策定の視点

 都市計画マスタープランの策定にあたっては、社会全体における少子高齢化の進展や、人口の減少が想定されていること等、社会環境に大きな変化が起きてきていることを踏まえつつ、市民生活の利便性が向上し、安全・安心で快適なものとすることをめざした土地利用や都市施設等の整備や管理、保全のあり方について検討しました。

 特に、狭山池や天野街道等の地域環境の保全とともに、低炭素社会をめざした取組み等、市民との協働の視点を重視しました。

都市づくりの理念

『 水と緑きらめき、安心して暮らせる  いきいきとした生活都市・大阪狭山 』

大阪狭山市都市計画マスタープラン

都市計画マスタープラン中間見直し 本編(全部)(PDF:21MB)

表紙(PDF:99.7KB)

ごあいさつ、目次(PDF:302.3KB)

はじめに(PDF:764KB)

全体構想

第1章 都市の特性と問題点(PDF:1.5MB)

第2章 都市づくりの目標と将来像(PDF:1.3MB)

第3章 都市づくりの整備方針(部門別方針)(PDF:6.4MB)

地域別構想

第4章 地域区分(PDF:3.4MB)

第5章 北部地域の構想(PDF:3.7MB)

第6章 中部地域の構想(PDF:4.1MB)

第7章 南部地域の構想(PDF:3.8MB)

参考資料

参考資料 〔用語解説〕(PDF:492.5KB)

概要版

都市計画マスタープラン中間見直し 概要版(PDF:2.9MB)

お問い合わせ
都市整備部都市計画グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。