建築協定

建築協定で住みよいまちづくり

 建築物を建築する場合には、建築基準法などで用途・構造などいろいろな基準が定められています。しかし、この基準は全国一律の基準ですので、それぞれの地域に応じた住みよい環境づくりや個性あるまちづくりをするには必ずしも十分ではありません。そこで、これを補って良好なまちづくりを行うため「建築協定」という制度が設けられています。主な特徴は次のようなものです。

  • 建築基準法で定められている基準より高度な基準、きめ細かい基準を定めることができます。たとえば、敷地の細分化を規制するような内容を盛り込むこともできます。
  • 土地の所有者などの全員の合意に基づくものです。
  • 合意した当事者だけでなく、新しくその地区の住人になった人にも効力が及びます。


 以上のような特徴を生かし、住民のみなさんが十分に話し合いを行って、住みよいまちづくりの基準を定めて、お互いに守りあっていくことを約束するために「建築協定」の制度を活用してはいかがでしょうか。

市内の建築協定区域

 大阪狭山市域内の建築協定区域と協定書の内容については以下のとおりです。

南海さやまハーモニータウン・大阪狭山地区建築協定地区(PDF:7.5MB)

池尻自由丘一丁目383番14 他90筆

 

南海狭山二丁目住宅地建築協定(PDF:36.5MB)

狭山二丁目974番10 他49筆

 

南海さやまハーモニータウン・大阪狭山第二地区建築協定(PDF:1.6MB)

池尻自由丘一丁目383番108 他2筆

 

ハロータウン金剛地区建築協定書(PDF:285KB)

東茱萸木三丁目2146番15 他111筆

 

南海金剛住宅自治会建築協定(PDF:41.3MB)

東茱萸木一丁目1757番2 他388筆

お問い合わせ
都市整備部都市計画グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。