小児慢性特定疾病児童日常生活用具

日常生活をより円滑に営むことができるよう、必要に応じて日常生活用具を給付・貸与します。
一部自己負担があります。

小児慢性特定疾病児童

対象者

次のすべての要件に該当する人

  • 大阪狭山市に居住し、住民基本台帳に登録されている人
  • 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第19条の3第3項に規定する医療費支給認定に係わる小児慢性特定疾病児童等
  • 用具が必要であると医師に診断された人
  • 児童福祉法や障害者自立支援法など、他の法律の施策の対象とならない人

用具の種類

電気式たん吸引器、車いすなど

利用者負担額

給付を受けた人の世帯の前年の住民税や所得税の額に応じて、22段階(最大71,900円)の費用負担があります。なお、所得税額が3,960,001円以上の人は、全額自己負担となります。

必要なもの

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 医師の診断書
  • 小児慢性特定疾病医療受給者証の写し
  • 印鑑

申請場所

市役所1階・福祉グループ

お問い合わせ
健康福祉部福祉グループ