民生委員・児童委員

地域において福祉事務所や子ども家庭センターなどの関係機関の業務に協力し、地域福祉に関わる各種の相談などに応じています。

民生委員

民生委員は、民生委員法に基づき、各市町村における民間奉仕者です。
大阪府知事の推薦により厚生労働大臣が委嘱し、任期は3年です。
平成12年の改正で、民生委員は「社会奉仕の精神をもって、常に住民の立場に立って相談に応じ、及び必要な援助を行い、もって社会福祉の増進に努める」と規定され、「住民の福祉の増進を図るための活動を行う」ことや、従来からの「名誉職」という規定を削除して、「給与は支給しない」ことなどが明確にされました。
民生委員の職務は、次のとおりです。
なお、民生委員は、児童福祉法による児童委員を兼務します。

  • 市民の生活状態を適切に把握する。
  • 援助を必要とする人が地域で自立した日常生活を営むことができるよう、相談、助言、その他の援助を行う。
  • 援助が必要な人に、援助を受けるための必要な情報提供を行う。
  • 社会福祉事業者などと密接に連携し、その事業または活動を支援する。
  • 福祉事務所やその他の関係行政機関の業務に協力する。

お問い合わせ先

大阪狭山市社会福祉協議会
電話番号 072-367-1761

児童委員

児童委員は、大阪府知事の指揮監督を受け、市町村の担当区域において、児童・妊産婦の生活、環境の状況を適切に把握し、その保護、保健、その他の福祉について援助や指導を行うとともに、児童福祉司または福祉事務所の社会福祉主事の職務に協力する民間奉仕者です。
民生委員がこれに充てられ、任期は3年です。
児童委員の職務は、次のとおりです。

  • 地域の実情の把握に努め、記録する。
  • 保護の必要な児童、妊産婦、母子家庭などを発見したときは、問題の所在や背景などを市町村、児童相談所、福祉事務所、保健所などの適切な機関に連絡・通報する。
  • 相談に応じ、利用できる制度、施設、サービスなどについて助言し、問題の解決に努める。

お問い合わせ先

大阪狭山市社会福祉協議会
電話番号 072-367-1761

お問い合わせ
健康福祉部福祉グループ