日常生活用具

日常生活をより円滑に営むことができるよう、必要に応じて日常生活用具を給付・貸与します。一部自己負担があります。

対象者

  • 精神障害者保健福祉手帳1級を持っている人
  • 精神障がいを要件とする障害基礎年金1級に該当している人

用具の種類

種目 性能 限度額
頭部保護帽 転倒の衝撃から頭部を保護できるもの

プラスチック製 37,853円

プラスチック製以外のもの 15,656円

火災警報器 室内の火災を煙または熱により感知し、音または光を発し、室外にも警報ブザーで知らせ得るもの 22,000円
自動消火器 室内温度の異常上昇または炎の接触で自動的に消火液を噴射し、初期消火を消火し得るもの 15,000円

利用者負担額

日常生活用具の種類別にその限度額を定めています。
なお、利用者の負担は、その用具にかかる費用(限度額まで)の原則1割となりますが、負担が重くなりすぎないように本人及び家族の前年の所得に応じて、1か月当たりの利用者負担上限額を次のように定めています。

  • 課税世帯 24,000円
  • 非課税世帯 0円
  • 生活保護世帯 0円
     

必要なもの

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 納税証明書や源泉徴収票など

申請場所

市役所1階・福祉グループ

お問い合わせ
健康福祉部福祉グループ