精神障がい者保健福祉手帳

手帳は、精神疾患(統合失調症、気分(感情)障がい、非定型精神病、てんかん、中毒精神病、器質性精神障がい、その他(発達障がい、高次脳機能障がい等)の精神疾患)を有する人のうち、精神障がいのため長期にわたり、日常生活または社会生活への制約がある人に交付されます。 
 

手帳には、障がいの程度により1級から3級までの区分があります。
手帳を取得することにより、障がいの程度に応じたサービスを利用できるようになります。
手帳の有効期間は、2年間です。(有効期限の3か月前から更新の手続ができます。)
 

新規

対象者

統合失調症、気分(感情)統合失調症、気分(感情)障がい、非定型精神病、てんかん、中毒精神病、器質性精神障がい、その他(発達障がい、高次脳機能障がい等)の精神疾患を有する人

知的障がいは含まれません

必要なもの

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 写真1枚(縦4センチ、横3センチ、上半身脱帽)
  • 医師の診断書(初診日から6か月以上経過し3か月以内のもの、市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
    精神障がいを要件とする障がい年金を受給している場合は、医師の診断書の代わりに次のものでも申請できます
  • 年金証書の写し
  • 直近の年金振込通知書または年金支払通知書の写し
  • 年金事務所などへの照会に関する同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)

 精神障がいを要件とする特別障がい者給付金を受給している場合は、医師の  診断書の代わりに次のものでも申請できます。

  • 特別障がい者給付金の証書の写し
  • 直近の特別障がい者給付金振込通知書または特別障がい者給付金支払通知書の写し
  • 年金事務所などへの照会に関する同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

更新

対象者

2年前に手帳の交付を受けた人

有効期限の3か月前から更新の手続きができます

必要なもの

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 写真1枚(縦4センチ、横3センチ、上半身脱帽)
  • 医師の診断書(初診日から6か月以上経過し3か月以内のもの、市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
    精神障がいを要件とする障がい年金を受給している場合は、医師の診断書の代わりに次のものでも申請できます
  • 年金証書の写し
  • 直近の年金振込通知書または年金支払通知書の写し
  • 社会保険事務所などへの照会に関する同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)

 精神障がいを要件とする特別障がい者給付金を受給している場合は、医師の診断書の代わりに次のものでも申請できます。

  • 特別障がい者給付金の証書の写し
  • 直近の特別障がい者給付金振込通知書または特別障がい者給付金支払通知書の写し
  • 年金事務所などへの照会に関する同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)

 

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

等級変更

対象者

障がいの程度が変わったと思われる人

必要なもの

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 写真1枚(縦4センチ、横3センチ、上半身脱帽)
  • 医師の診断書(初診日から6か月以上経過し3か月以内のもの、市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
    精神障がいを要件とする障がい年金を受給している場合は、医師の診断書の代わりに次のものでも申請できます
  • 年金証書の写し
  • 直近の年金振込通知書または年金支払通知書の写し
  • 社会保険事務所などへの照会に関する同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

氏名・住所変更

対象者

氏名や住所が変わった人

必要なもの

他府県もしくは政令指定都市から転入した場合

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 写真1枚(縦4センチ、横3センチ、上半身脱帽)

大阪府内の市町村(政令指定都市を除く)から転入した場合、市内転居した場合

  • 記載事項変更届(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 精神障がい者保健福祉手帳

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

再交付

対象者

手帳を紛失や破損した人

必要なもの

紛失した場合

  • 再交付申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 本人確認書類
  • 写真1枚(縦4センチ、横3センチ、上半身脱帽)

破損した場合

  • 再交付申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 写真1枚(縦4センチ、横3センチ、上半身脱帽)

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

返還

対象者

  • 手帳の交付を受けた人が死亡した場合
  • 手帳の交付が必要ではなくなった場合

必要なもの

  • 所持者死亡届または申請取り下げ書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 届出人の印鑑
  • 精神障がい者保健福祉手帳

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

参考

障がいの範囲


 統合失調症、気分(感情)障がい、非定型精神病、てんかん、中毒精神病、器質性精神障がい、及びその他(発達障がい、高次脳機能障がい等)の精神疾患の全てが対象であるが、知的障がいは含まれない。

障がい等級


 1級、2級、3級の三等級とする。手帳の1級及び2級は、国民年金の障がい基礎年金の1級及び2級と同程度。手帳の3級は、厚生年金の3級よりも広い範囲のものとする。
  (1級)…精神障がいであって日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
  (2級)…精神障がいであって日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に制限を
加えることを必要とする程度のもの
  (3級)…精神障がいであって日常生活もしくは社会生活が制限を受けるか、又は日常生活もしくは社会生活に制限を加えることを必要とする程度のもの

 


 

お問い合わせ
健康福祉部福祉グループ