医療費の助成など

自立支援医療費(精神通院医療)の支給

精神通院の指定を受けている医療機関で、在宅での精神科医療の確保を容易にするため、医療費の支給が受けられます。
ただし、自己負担(原則として医療費の1割)があります。
また、所得に応じて負担の上限月額が定められます。
有効期限は、1年間です。

対象者

通院により精神疾患の治療を受けている人

必要なもの

新規

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 市町村民税課税証明書 (注意事項 自立支援医療申請時に、大阪狭山市以外に住民票がある人や前年の1月1日以降に転入した人は、市町村民税課税証明書が必要な場合があります。)
  • 健康保険証の写し (注意事項 生活保護受給者の人は、健康保険証の写しは不要です。)
  • 自立支援医療診断書
  • 印鑑

継続・再認定

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 市町村民税課税証明書 (注意事項 自立支援医療申請時に、大阪狭山市以外に住民票がある人や前年の1月1日以降に転入した人は、市町村民税課税証明書が必要です。)
  • 健康保険証の写し (注意事項 生活保護受給者の人は、健康保険証の写しは不要です。)
  • 自立支援医療診断書 (注意事項 病状の変化や治療方針の変更がない人は、自立支援医療診断書の提出は2年に1度になります。)
  • 受給者証
  • 印鑑

継続申請は、有効期限の3か月前から手続できます。


保険・保険上の世帯員・自己負担限度額の変更

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 市町村民税課税証明書 (注意事項 自立支援医療申請時に、大阪狭山市以外に住民票がある人や前年の1月1日以降に転入した人は、市町村民税課税証明書が必要です。)
  • 健康保険証の写し (注意事項 生活保護受給者の人は、健康保険証の写しは不要です。)
  • 受給者証
  • 印鑑


医療機関の変更・追加

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 受給者証
  • 印鑑


住所・氏名などの変更

  • 記載事項変更届(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 受給者証
  • 印鑑 (注意事項 市内転居、氏名変更の場合など)


再交付

  • 再交付申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 印鑑

転入

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 市町村民税課税証明書
  • 健康保険証の写し (注意事項 生活保護受給者の人は、健康保険証の写しは不要です。)
  • 受給者証(写し)
  • 印鑑

手帳との同時申請

  • 申請書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 同意書(市役所1階・福祉グループ窓口で配布)
  • 市町村民税課税証明書 (注意事項 自立支援医療申請時に、大阪狭山市以外に住民票がある人や前年の1月1日以降に転入した人は、市町村民税課税証明書が必要です。)
  • 健康保険証の写し (注意事項 生活保護受給者の人は、健康保険証の写しは不要です。)
  • 手帳用診断書(写し) (注意事項 病状の変化や治療方針の変更がない人は、自立支援医療診断書の提出は2年に1度になります。)
  • 受給者証 (注意事項 継続の場合に必要です。)
  • 印鑑

お問い合わせ先

福祉グループ

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

 

 

南河内圏域障がい児(障がい者)歯科診療

大阪狭山市を含む南河内医療圏域の9市町村が運営費を負担し、南河内歯科医師会や各市歯科医師会の協力を得て、歯科治療や口腔衛生指導などを行っています。

注意事項 受診には予約が必要です。

対象者

地域の歯科診療所での診療が困難な障がいのある人

診療日

木曜日

診療時間

午後1時から5時まで

祝日、年末年始を除く

診療場所

河内長野市立休日急病診療所

住所 河内長野市菊水町2丁目13
電話番号 0721-55-0300

申し込み・お問い合わせ先

河内長野市立保健センター

電話番号 0721-55-0301
ファックス番号 0721-55-0394

受付は、月曜日から金曜日まで(祝日を除く)の午前9時から午後5時までです。

 

 

お問い合わせ
健康福祉部福祉グループ