給付金・手当など

障がい者(児)給付金(身体、療育、精神)

対象者

次のすべての要件に該当する人

  • 4月16日以前から基準日(7月15日)まで、引き続き3ヶ月以上大阪狭山市に居住し、住民基本台帳に登録されている人
  • 手帳を交付されている人
  • 手帳を持つ人の世帯全員(世帯主及びすべての世帯員)の市民税が非課税または全額免除されている人

支給額

  • 身体障がい者手帳(1・2級) 、療育手帳(A)、精神障がい者保健福祉手帳(1級)

 15,000円(年額)

  • 身体障がい者手帳(3・4級) 、療育手帳(B1)、精神障がい者保健福祉手帳(2級) 

 8,000円(年額)

  • 身体障がい者手帳(5・6級) 、療育手帳(B2)、精神障がい者保健福祉手帳(3級)

 5,000円(年額)

注)複数の手帳をお持ちの場合でも、重複して支給しません(金額の高い方のみを支給します)

支給月

7月

申請期間

6月1日から6月20日まで

申請は毎年必要です
土曜開庁日(第1・第3土曜日)の受付時間は、午前9時00分から12時00分までです

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

必要なもの

  • お持ちの障がい者手帳
  • 印鑑
  • 振込口座番号が確認できるもの

お問い合わせ先

福祉グループ

 

 

特別障がい者手当(身体、療育、精神)

対象者

精神又は身体に著しく重度の障がいを有するため、日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある在宅の20歳以上の人

次の要件に該当する人は、受給できません

  • 受給資格者またはその配偶者、もしくは扶養義務者の前年の収入が、一定額以上ある(受給資格者の収入には、非課税である障がい基礎年金なども含みます)
  • 障がい者支援施設などに入所している
  • 病院または診療所に3か月を超えて入院している

注)医師が証明した指定の診断書をもとに手当の対象になるかどうかを判定するため、非該当になる場合があります。

支給額

26,620円(月額) 平成27年4月分から

支給月

2月、5月、8月、11月

3か月分を年4回に分けて支給します

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

 

 

障がい児福祉手当(身体、療育、精神)

対象者

精神又は身体に著しく重度の障がいを有するため、日常生活において常時特別の介護を必要とする状態にある在宅の20歳未満の人

次の要件に該当する人は、受給できません

  • 受給資格者またはその配偶者、もしくは扶養義務者の前年の収入が、一定額以上ある
  • 障がいを支給事由とする年金給付を受けることができる
  • 障がい児入所施設などに入所している

注)医師が証明した指定の診断書をもとに手当の対象になるかどうかを判定するため、非該当になる場合があります

支給額

14,580円(月額) 平成29年4月分から

支給月

2月、5月、8月、11月

3か月分を年4回に分けて支給します

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

 

 

重度障がい者在宅生活応援制度(身体、療育)

対象者

身体障がい者手帳1級・2級と療育手帳Aを併せもつ障がい児(者)を介護している人。ただし、入院や施設入所している場合は、受給できません。また、特別障がい者手当受給者は、受給できません(障がい児福祉手当との併給は可能です。)。

支給額

10,000円(月額)

支給月

1月、4月、7月、10月

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

 

 

外国人住民重度心身障がい者特別給付金(身体、療育)

対象者

重度心身障がい者のうち、昭和57年1月1日以前に満20歳に達していた外国人住民で障がい者基礎年金等の受給資格のない人で、次のいずれかに該当する人

  • 昭和57年1月1日前に重度心身障がい者であった人

  •  同日前にその障がい発生原因の初診日があった人

注) 所得制限があります。

支給額

24,000円(年額)

支給月

4月、10月

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

 

 

特別児童扶養手当(身体、療育、精神)

対象者

20歳未満で日常的に介護が必要な下記に該当する児童を扶養している父母又は養育者など

  • 身体障がい者手帳1級・2級・3級の人及び4級の一部に該当する人
  • 中程度以上(A・B1)の知的障がい者等の人
  • 精神に特定の疾病・疾患を有し、常時の監視又は介護を必要とする程度の障がいを有する児童(指定の診断書による証明が必要な場合があります。)

注:所得制限があります。

支給額                    

児童1人につき  平成29年4月分から

1級    51,450円   

2級    34,270円       

注:(手帳等級とは異なります。)

支給月

4月、8月、11月

申請場所

市役所1階・子育て支援グループ窓口

お問い合わせ先

 子育て支援グループ

 

 

児童扶養手当(身体、療育、精神)

対象者

児童(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで、または政令で定める程度の障がいがある場合は20歳未満の児童)を監護しているひとり親家庭の父または母、もしくは父母に代わって児童を養育している人(児童と同居し、監護し、生計が同じであること)、配偶者が政令で定める程度の障がいをもち、かつ児童を養育している人が対象となります。

ただし、請求者となる人が公的年金を受給している場合や、配偶者の障がい年金に対象児童の子加算がある場合(平成23年度から子加算か児童扶養手当は選択できるようになりました)は受給できません。 また、所得制限があります。

支給額

児童1人につき(月額)

全部支給 42,290円  平成29年4月分から

(対象児2人目9,990円加算)

(対象児3人目5.990円加算)

一部支給 所得により変動

支給月

4月、8月、12月

申請場所

市役所1階・子育て支援グループ窓口

お問い合わせ先

 子育て支援グループ

 

 

障がい基礎年金(身体、療育、精神)

対象者 

初診日において次の条件を満たしている人

・ 国民年金に加入していること。

・ 60歳以上65歳未満の人で、日本国内に住所があること。

これらの条件を満たす人が年金障がい等級表で、障がい程度1級・2級に該当したときに支給されます。 注)ただし、保険料の納付要件を満たしていることが必要です。

また、20歳以前に年金障がい等級表で、障がい程度1級・2級に該当した人は20歳から支給されます。注)ただし、所得制限があります。

 

支給額(年額)  平成29年4月分から

1級 974,125円

2級 779,300円

〔加算〕

障がい基礎年金の受給権者に生計を維持されている18歳に達する日の属する年度末までの間の子(障がい者は20歳未満)

・ 2人目まで1人につき     224,300円

・ 3人目から1人につき      74,800円

支給月

2月、4月、6月、8月、10月、12月

お問い合わせ先

保険年金グループ

 

 

障がい厚生年金(身体、療育、精神)

障がい厚生年金

対象者

初診日において厚生年金に加入している人で、次の条件を満たしている人

  •  年金障がい等級表で、障がい程度1・2級に該当する人(障がい基礎年金に上乗せで支給されます。)
  • 障がい基礎年金に該当せず、厚生年金障がい等級表で、障がい程度3級に該当する人(障がい厚生年金のみ支給されます。)

 (ただし、保険料の納付要件を満たしていることが必要です。)

障がい手当金

対象者


 病気やけがによる障がいが5年以内に永続的な状態になり、その状態が厚生年金障がい等級表3級の障がい程度よりやや軽いと診断された人
(障がい手当金は、一時的に支給されるものです。)

支給額

障がい厚生年金(1級から3級まで)や障がい手当金の額は、報酬比例の年金額に一定の率を乗じた額で、定額ではありません。

お問い合わせ先

天王寺年金事務所(または、勤務地管轄の年金事務所)
電話 06-6772-7531
ファクシミリ 06-6772-3338
 

 

障がい者扶養共済制度(身体、療育、精神)

 障がい者(児)の将来について、保護者の人が持たれる不安を軽くするため、障がいのある人を扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定額の掛金を収めることにより、加入している保護者に万一(死亡または身体に著しい障がい)のことがあったときに、障がい者(児)に終身、一定額の年金が支給される制度です。

 

対象者

同程度の

  • 身体障がい者手帳(1級から3級)を所持する身体障がい者(児)
  • 知的障がい者(児)
  • 精神又は身体に永続的な障がいのある人(統合失調症、脳性麻痺、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病等)で、その障がいの程度が、知的障がい者(児)、または身体障がい者手帳1~3級の身体障がい者(児)と人

上記のいずれかの保護者であり、かつ以下に該当するひと。

  • 大阪府内に居住(政令指定都市を除く)している
  • 4月1日現在で、65歳未満である
  • 特別な病気や障がいがなく、生命保険契約の対象となる健康状態であること。

掛金額

1口月額9,300円~23,300円(加入者の年齢によって掛金額が異なります。)

障がい者1人につき2口まで加入できます

収入及び加入人数に応じ、掛金の減免があります。

支給額

加入者が死亡、または重度障がい状態に該当したと認められた月の分から、障がいのある人に対し、年金が支給されます。

  • 1口加入者 20,000円(月額)
  • 2口加入者 40,000円(月額)

申請場所

市役所1階・福祉グループ窓口

お問い合わせ先

福祉グループ

 

 

お問い合わせ
健康福祉部福祉グループ