大阪府老人性認知症センター

大阪府老人性認知症センター事業

大阪府が指定した病院に、老人性認知症センターを設置し、保健・医療・福祉機関等と連携を図りながら、老人性認知症患者の専門医療相談・鑑別診断・治療方針選定・夜間や休日の救急対応を行うとともに、地域保健・医療・福祉関係者に技術援助を行うことにより地域の老人性認知症患者等の保健・医療・福祉サービスの向上を図ります。

事業内容

  • 専門医療相談(電話相談)
    常時医療ソーシャルワーカーを配置し、専門的な医療・福祉相談業務を行っています
  • 鑑別診断・治療方針の選定
    必要な方には、専門の医師による診察を行います。鑑別診断は予約制となっています
  • 保健・医療・福祉関係機関との連携と研修会
    希望される方には、居住地域の保健・医療・福祉関係機関を紹介し、各担当者と連携しながら、家庭での介護が円滑に行われるように援助します。各機関の担当者の方々には、年1から2回の研修会を実施
  • 救急対応
    緊急に収容を要する老人性認知症患者さんの為に、常時一床の病床を確保しています

問い合わせ先

大阪府老人性認知症センター事業実施病院
医療法人六三会 大阪さやま病院
大阪狭山市岩室3丁目216-1

相談専用電話

  • 365-0181
  • 365-1875
お問い合わせ
保健福祉部高齢介護グループ