65歳以上のインフルエンザ予防接種費用を一部公費負担します

 インフルエンザは、「インフルエンザウイルス」に感染して起きます。38℃以上の発熱、頭痛や関節・筋肉痛など全身の症状が急に現れ、高齢の人や種々の慢性疾患を持つ人は肺炎を伴うなど重症化することがあります。

 市では、接種を希望する対象者に、インフルエンザ予防接種費用を一部公費負担します。

対象者

接種日現在、大阪狭山市に住民基本台帳に記載のある

(1)65歳以上の人

(2)60歳以上65歳未満であって、心臓・腎臓または呼吸器の機能に障がいを有する人、またはHIVにより免疫の機能に障がいを有する人(障がい程度は身体障がい者手帳1級相当)

実施期間

令和3年10月1日(金)~令和4年1月31日(月)

自己負担額

1,000円(公費負担は年度内1回限り)

※生活保護を受けている人は自己負担はありません。(生活援護グループが発行する"インフルエンザ予防接種券"が必要です)

持ちもの

健康保険証など生年月日を確認できるもの、健康手帳、

身体障がい者手帳もしくは医師の意見書((2)に相当する人のみ)

接種場所

大阪狭山市内実施医療機関(PDF:152.2KB)

富田林市内実施医療機関(PDF:289.8KB)

河内長野市内実施医療機関(PDF:114.6KB)

上記接種場所(3市の実施医療機関)以外での接種を希望する場合

予防接種実施依頼書が必要な場合や、全額実費となる場合がありますので、医療機関や施設が所在する市町村にご確認ください。

予防接種実施依頼書が必要な場合

作成に1週間程度要します。

郵送または窓口で予防接種実施依頼書の申請をしてください。

申請先:〒589-0032 大阪狭山市岩室1-97-3 大阪狭山市立保健センター

必要書類

予防接種実施依頼申請書(PDF:213.2KB)

・健康保険証など本人確認できるもの(代理申請の場合、申請者の確認書類も必要)コピー可。

 (※郵送の場合はコピー)

・返信用封筒(送付先の住所を記入し、切手を貼付)

償還払い制度

事前に手続き(予防接種実施依頼書発行)が必要になります。

対象者:やむを得ない理由のため、上記接種場所(3市の実施医療機関)で接種することができない場合で、かつ接種費用の全額を実費で負担した場合。

1.予防接種実施依頼書の申請をします。

2.実施依頼書が発行された後に予防接種を受け、費用の全額を支払います。

3.償還払いの申請をします。

次の(1)~(6)を準備し、保健センターへ提出してください。(郵送可)

 ※接種日の翌日から起算して1年以内に申請してください。

   期日より遅れた場合は、償還払いはできません。

(1)医療機関の領収書(インフルエンザ予防接種の費用とわかるもの)

(2)インフルエンザ予防接種済証または予診票(※郵送の場合はコピー)

(3)予防接種費用償還払申請書(PDF:137.5KB)

(4)予防接種費用償還払請求書(PDF:107.6KB)

(5)予防接種費用償還払明細

令和3年度(令和3年10月1日~令和4年1月31日接種分)の場合(PDF:81.6KB)

令和2年度(令和2年10月1日~令和3年1月31日接種分)の場合(PDF:76.8KB)

(6)インフルエンザ予防接種券(生活保護世帯の人で発行を受けている人のみ)

4.申請内容を審査した後、「大阪狭山市予防接種費用償還払交付決定通知書」で通知します。

他市町村の方が大阪狭山市内で接種を希望する場合

市町村間の協定などがある場合:実施依頼書があれば一部公費負担の場合があります。

     公費負担の場合の依頼先は大阪狭山市長宛

市町村間の協定などがない場合:全額自己負担となります。

     実施依頼書を発行される場合の依頼先は、医療機関や施設宛

厚生労働省ホームページ:予防接種情報 インフルエンザ

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。