健康大阪さやま21(第2次計画)

健康大阪さやま21(第2次計画)がめざすもの

 大阪狭山市は、市民の心のよりどころであり、本市のシンボルである狭山池の水がきらめくように人が輝き、人と自然、人と人とのつながりが育まれています。また、市民参画と協働を基調とし、市民と行政のパートナーシップによるまちづくりがすすめられ、さまざまな取組みを生み出すとともに、まちづくりを担う人材が育っています。

 本市の豊富な社会資源を、健康増進にも活用し、市民、地域、関係機関、行政がつながりながら、健康づくりの輪を広げていきます。そして、すべての市民が生活の質を高め、健康寿命をのばすことができるよう、乳幼児期から高齢期にわたるすべてのライフステージにおいて、住みなれた地域の中で、ともに支え合い、楽しみながら、主体的かつ継続的に健康づくりに取り組むことができるまちづくりをめざします。

 

    スローガン   「すこやかに 笑顔がつどう 大阪さやま」

 

 基本方針

 基本理念の達成に向け、本計画では、「生活習慣病の発症予防と重症化予防の推進」「健康を支え、守るための社会環境の整備」「計画の進捗管理・評価による継続した健康づくりの推進」の3つの基本方針を掲げます。

 

(1)生活習慣病の発症予防と重症化予防の推進

 健康寿命をのばすためには、主体的に健康的な生活習慣に取り組むことにより、生活習慣病の発症そのものを予防する一次予防を重視した健康づくりに取り組みます。

 また、生活習慣病にかかった後も、早期発見による合併症の発症や症状の進行などを抑える重症化予防にも重点を置き、健康づくりに取り組んでいきます。

 

(2)健康を支え、守るための社会環境の整備

 一人ひとりの健康への取組みに対するやる気を高め、維持していくため、地域を構成するさまざまな組織や関係機関が連携して、地域ぐるみで健康を支え、守るための環境整備を行います。

 また、地域で健康づくりの担い手となる人材育成にも取り組み、地域のつながりを機能することも重視し、健康づくりに関心のない人も含めて、地域全体が一人ひとりの健康を守る環境整備を推進していきます。

 

(3)計画の進捗管理・評価による継続した健康づくりの推進

 本計画の目標を達成し、健康寿命の延伸を実現するために、計画の進捗管理と評価を行います。

 また、ホームページや各種イベントなどを通して、市民に親しみやすく、日常生活に取り入れやすい健康情報を、継続して発信していきます。

 

 

概要版(PDF:6.3MB)

健康大阪さやま21(第2次計画) 全文(PDF:22.9MB)

はじめに(PDF:6.2KB)

目次(PDF:4.5KB)

第1章 計画策定にあたって(PDF:24.5KB)

第2章 大阪狭山市の現状(PDF:4.5MB)

第3章 健康大阪さやま21計画の最終評価のまとめ(PDF:11MB)

第4章 「健康大阪さやま21(第2次計画)」の方向性(PDF:21.6KB)

第5章 計画の基本的な考え方(PDF:1.3MB)

第6章 各分野の取組み(PDF:4.8MB)

第7章 それぞれの役割(PDF:15.4KB)

資料(PDF:23.7KB)

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。