新型コロナワクチン接種について(12月3日更新)

追加接種(3回目接種)2回目接種済の18歳以上の人へ順次、接種券を発送します

追加接種(3回目接種)について(11月26日更新)

 

国の追加接種(3回目)方針 ※科学的知見を踏まえ、必要に応じて適宜見直しされる予定

新型コロナワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともにワクチンの有効性や免疫原性が低下することが報告されています。
今後、追加接種(3回目接種)を実施するにあたり、次のとおり国から方針が示されました。
追加接種については、年齢や基礎疾患などによる優先接種は行わず、接種が可能となる日の2週間前までに順次接種券を発送する予定です。

対象

2回目接種終了後、原則8か月以上経過した18歳以上の人

接種回数

1回

使用するワクチン

1・2回目に接種したワクチンの種類にかかわらず、ファイザー社製または武田/モデルナ社製のワクチンを用いることが適当とされていますが、当面は薬事承認されているファイザー社製ワクチンを使用する予定です

接種時期

2回目接種を行った日から8か月後の同日以降接種可能 ※8か月後に同日がない場合は、その翌月の1日から接種可能

例)6月1日に2回目を接種     ⇒ 令和4年2月1日以降に3回目の接種が可能
  6月30日に2回目を接種   ⇒ 令和4年3月1日以降に3回目の接種が可能

接種券

予診票の右上にあらかじめ接種券が印字された接種券一体型予診票

追加接種(3回目接種)接種券一体型予診票(全体)

追加接種(3回目接種)接種券一体型予診票の見本 (PDF:884.7KB)

スケジュール

追加接種(3回目接種)スケジュール

次に該当する人は、接種券(3回目接種用)の発行申請が必要です

次の人は、大阪狭山市に接種記録がないため3回目の接種券が発行できません。
3回目接種を希望する人は、ご自身の3回目接種時期(2回目接種完了日より8か月後)にあわせて接種券の発行申請をお願いします。

対象

・2回目の接種後に、大阪狭山市に転入した人
・海外で国内承認ワクチン(ファイザー社、武田/モデルナ社又はアストラゼネカ社 の新型コロナワクチン)を2回接種した人
・海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業で2回接種した人
・在日米軍従業員接種で2回接種した人
・製薬メーカーの治験において2回接種した人(ただし、ファイザー社、武田/モデルナ社又はアストラゼネカ社 の新型コロナワクチンに限る)

発行申請の方法

1.郵送申請

下記の書類を大阪狭山市保健センターへ郵送してください。

○接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【3回目接種用】

○1・2回目の接種済証または接種記録書の写し

○本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)の写し

【宛先】 〒589-0032 大阪狭山市岩室一丁目97番地の3

※発行する人の住民票に記載されている住所地へ接種券を送付します。

 

2.窓口申請

下記のものを持って、大阪狭山市保健センターへお越しください。

○接種券発行申請書(新型コロナウイルス感染症)【3回目接種用】               窓口での記入もできます

○1・2回目の接種済証または接種記録書

○本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)                                       代理の方が来所される場合は、発行する人と来所する人それぞれの本人確認書類が必要です。

 

追加接種(3回目接種)接種券発行申請書 (WORD:25.5KB)

 

 

 

12月の新型コロナワクチン接種予約について(12月3日更新)  NEW

12月の接種予約の受付を下記のとおり実施しています。

新たに接種券の発行を受ける人(12歳になる人)や2回目の接種予約がまだの人、体調不良により接種できなかった人などで接種を希望する人は、この機会を逃さずにご予約ください。

個別接種について、一部の医療機関で予約受付を開始しました。 NEW

  医療機関、日程等詳しくは新型コロナワクチンコールセンターまたはワクチン接種予約申込サイトにてご確認ください。

 

集団接種は以下のとおり実施します。

接種会場  保健センター
接種日

令和3年12月

 4日(土)午後5時~午後7時30分

25日(土)午後5時~午後7時30分

予約方法

○インターネット予約 24時間、土・日も予約可

大阪狭山市ワクチン接種予約申し込みサイト

○電話予約 午前9時~午後5時30分(土・日・祝日を除く)

大阪狭山市新型コロナワクチンコールセンター 0120-795-666

 

 

 

 

2回目のみの予約方法(PDF:939.9KB)

 
操作方法など不明な場合は、新型コロナワクチンコールセンターまで相談してください。 

 

新規で予約をする人

   

PDF
インターネット予約方法 (PDF:644.5KB)

 

予約はこちらから

 

 

注意事項

二重予約に注意してください。WEBでの予約完了後は、必ず「マイページ」からご自身の予約を確認してください。

マイページのイメージ

大阪狭山市で予約済みの人が、国・府の大規模接種や職域接種などで予約または接種済みの場合は、必ず、大阪狭山市での予約を取り消ししてください。二重予約は、準備されたワクチンが無駄になります。市民のみなさまのご協力をお願いします。

 

保健センター集団接種の日程

接種時間  午後5時~午後7時30分 

 

※ 個別接種について、一部の医療機関で予約受付を開始しました。

  医療機関、日程等詳しくは新型コロナワクチンコールセンターまたはワクチン接種予約申込サイトにてご確認ください。

 

 

12歳~15歳のお子様の保護者の人へ

接種後の体調などに十分な注意が必要です。接種にあたっては、原則、保護者の同伴をお願いします。


接種を希望する場合には、予診票の署名欄に、保護者の署名をお願いします。保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。また、予診票の電話番号記載欄には、緊急連絡先(必ず保護者の方と連絡のつく電話番号)を記載してください。

 

詳しくは、接種券に同封している説明書をご確認ください。

 

 

10代・20代の男性と保護者の人へ(10月18日更新)

ファイザー社と武田/モデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

 

10代・20代の男性も、引き続きワクチンの接種をご検討ください。

新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。

新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、皆様に接種をお勧めしていますが、ワクチン接種はあくまでご本人の意思に基づき受けていただくものです。ご本人が納得した上で、接種をご判断ください。

 

10代・20代の男性は、ファイザー社のワクチンの接種も選択できます。

国から、10代・20代の男性では武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向が見られたことから、1回目をすでに武田/モデルナ社ワクチンを接種した方も、2回目にファイザー社ワクチンの接種を選択できるとの見解が示されました。

1回目に武田/モデルナ社のワクチンを接種された10代・20代の男性で、2回目にファイザー社のワクチンを希望する人は、大阪狭山市新型コロナワクチンコールセンターにご連絡ください。  

※なお、2回目をすでに武田/モデルナ社のワクチンで予約済の人は、接種実施機関に必ずキャンセル等の連絡をしてください。

1回目と2回目で異なる新型コロナワクチンを接種する場合は、1回目の接種から27日以上の間隔をおいて2回目を接種することとされています。

 

 

ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状が見られた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

こうした症状は、心筋炎、心膜炎の典型的な症状です。ただし、そのほかの原因でもこれらの症状となることがあります。医師の診察を受けましょう。

心筋炎・心膜炎と判断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します

 

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ)(2021年10月15日版)

新型コロナワクチンQ&A(1回目と2回目で異なる新型コロナワクチンを接種しても問題ないでしょうか)

 

 

妊娠中の人の新型コロナワクチン接種について

妊娠中、特に妊娠後期の妊婦の人が新型コロナウイルスに感染すると、重症化リスクが高いとされています。
妊娠中、授乳中の人も、新型コロナワクチンを接種することができます。日本で承認されているワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありませんので、妊娠中の時期を問わず、夫又はパートナーの人も含めて接種をおすすめします。

 

※接種にあたっては、あらかじめ、産科かかりつけ医に接種可能かを必ずご確認ください。

※大阪狭山市に里帰り中の妊婦の人につきましては、保健センターまでご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策~妊婦の方々へ~

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A~妊娠中・授乳中のワクチン接種について~

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A

日本産科婦人科学会 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報

新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(第2報)


 

大阪狭山市内 予約・受付案内

予約方法(実施機関へは直接申し込みできません)

予約にあたって用意するもの
●市から送付された接種券に記載されている接種券番号
●自分のメールアドレス(インターネット予約の場合のみ)

接種券イメージ 

 
 
インターネット予約は、ここをタップ(クリック)↓

大阪狭山市内集団・個別接種サイトリンク

大阪狭山市新型コロナワクチンコールセンターの電話番号は、

コールセンターの電話番号は0120795666

予約方法
リンク/電話番号
受付時間
備考
インターネット予約
新型コロナワクチン接種予約申込サイト
24時間(土・日曜日も予約可)
・2回目の接種日は、1回目の接種から約3週間後に自動で設定されます
・メールの受信拒否設定をしている人は、あらかじめ[272311-osakasayama@v-yoyaku.jp]からのメールを受信できるように設定してください
・Google Chrome・Safari・Microsoft Edge・FireFoxのブラウザを使用してください
電話
新型コロナワクチンコールセンター
フリーダイヤル
0120-795-666
午前9 時~午後5 時30 分(土・日曜日、祝日など休日を除く)
かけ間違いに注意してください。
予約受付開始直後は大変電話が混み合い、つながりにくくなることが予想されます

※かかりつけ患者のみが対象の個別接種実施機関への予約を除く

集団接種場所・接種日時

接種場所
接種日時
予約方法
集団接種
保健センター ◆
11月/午後2時~7時30分
12月/午後5時~7時30分
新型コロナワクチン接種
予約申込サイト
 
新型コロナワクチン
コールセンター
0120-795-666

◆=12~15歳の人も対象

保健センターの駐車場には限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。最寄りのバス停は、市循環バス「福祉センター前」(全路線)と南海バス「狭山西小学校前」です。

障がいのある人の保健センター集団接種会場における接種について

知的障がいや精神障がいがあって、人が多い場所ではパニックになりやすい、障がい特性などにより、マスクをつけることができないなどの状況があり、保健センターで実施する集団接種会場で配慮を希望される場合は、保健センターにご相談ください。

大阪狭山市保健センター 電話 : 072-367-1300    FAX : 072-367-1359

 

台風による接種中止の基準と中止時の予約変更について

 保健センターの集団接種及び市コールセンターで予約受付を行っている医療機関の個別接種につきましては、台風等による警報が発令された場合は、市民の方の安全を第一に考え、下記のとおり接種を中止します。

 予約時にメールアドレスや携帯電話の番号を登録されている方には、接種が中止となった場合、メールまたはSMS(ショートメッセージサービス)にてお知らせします。また振替日は、後日、電話またはメールでお知らせいたします。

中止の基準

大阪管区気象台が大阪狭山市内に「暴風警報」または「特別警報」を発表している場合

●午前7時の時点で上記警報が発表されている場合【午前中(9時~12時)の接種を中止】
●午前11時の時点で上記警報が発表されている場合【午後(正午~午後4時45分)の接種を中止】
●午後2時の時点で上記警報が発表されている場合【午後5時以降の接種を中止】

※樫本病院の日・祝日の接種は午前9時の時点、豊川整形外科の午後の接種は午後1時の時点、村本耳鼻咽喉科の午後の接種は午後3時の時点で上記警報が発表されている場合に中止となります。

接種の中止に関する情報

 台風等による風水害などで接種を中止する場合は、このページでお知らせします。

 

大阪府コロナワクチン接種センター予約・受付案内(12月1日更新)

 

ここをタップ(クリック)↓
大阪府大規模接種

 

1.マイドームおおさか会場(大阪府コロナワクチン接種センター)

マイドームおおさか会場でのワクチン接種は、11月28日(日)をもって終了しました。

 

2.大阪府庁新別館接種センター

1回目の接種は終了しました。

2回目接種について、入院や仕事の都合などにより接種をすることが困難な人を対象に、12月3日(金)から12月25日(土)まで、接種が延長されます。

※なお、他会場で1回目接種をした大阪府民も対象となります。

接種場所  

大阪府庁新別館南館(大阪市中央区大手前3丁目1-43)

対象

16歳以上の人

予約方法 

コールセンター(06-6442-6000または06-6442-6070)へお願いします。

 

3.大阪府・大同生命接種センター

大阪府・大同生命接種センターでのワクチン接種は、11月19日(金)をもって終了しました。

 

副反応について

ワクチン接種後に確認されている副反応について、詳しくは厚生労働省のホームページ(外部サイトへリンク)を確認してください。

 

二重予約に注意してください

大阪狭山市での予約が既にあり、大阪府コロナワクチン接種センター等で予約をされた人は、必ず、大阪狭山市での予約を取り消してください。二重予約は、準備されたワクチンの無駄となります。市民のみなさまのご協力をお願いします。

 

自衛隊大阪大規模接種センターについて(12月1日更新)

【お知らせ】

自衛隊大阪大規模接種センターでのワクチン接種は、11月30日(火)をもって終了しました。

 

 

注意事項

接種についての同意

市では、新型コロナワクチンの接種を勧めていますが、強制ではありません。接種を受ける人の同意がある場合に限り接種を行います。予防接種を受ける人は、接種券に同封されている説明を読み、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意志で接種予約をしてください。受ける人の同意なく、接種を行うことはありません。

新型コロナワクチン接種の説明文 (PDF:1.2MB)

予防接種健康被害救済制度

予防接種は感染症を防ぐために重要なものですが、極めてまれに健康被害の発生が見られます。万が一、健康被害が発生した場合には、治療に要した医療費(自己負担分)と医療に要した諸費用などの救済給付を行うための制度があります。

「予防接種健康被害救済制度」(厚生労働省ホームページ)

副反応など医学的知見が必要となる専門的な相談(24時間受け付け)

大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口(0570-012-336)または(06-6635-2047)、(FAX06-6641-0072)

 

接種日の持ちもの~スムーズに接種を受けるために~

●接種券(ないと接種を受けることができません)
●予診票(必ず記入して持参してください。記入漏れがあると、接種に時間がかかることがあります)

予診票 (PDF:411KB)

●本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)
●お薬手帳(持っている人のみ)
●医療機関の診察券(個別接種の場合)

注意事項

■接種会場での三密を避け、できるだけ多くの人に短時間で接種するために、接種会場へは予約時間どおりに来場してください

■自動車で来場する場合は、予約時間の5分前まで車内で待機してください(車内での暑さ対策をしてください)

■接種を受けやすい服装(肩を出しやすい服装)で来場してください

■病気で治療などを受けている場合は、必ず事前にかかりつけ医に接種の可否について確認してください

■接種会場ではマスクの着用等、感染予防対策にご協力ください

■当日接種前に検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある場合は接種できません

■三密を避けるため、付き添いは介助が必要な方のみにしてください

 

新型コロナワクチン接種状況について(11月29日更新)

本市の新型コロナワクチン接種状況は、次のとおりです。

※VRS(新型コロナワクチン接種記録システム)からの速報(参考値)です。

 

 

新型コロナワクチン接種の概要

接種の目的

ワクチンを接種することで、病原体に対する免疫を獲得し、感染したとしても発症や重症化を防ぐ効果が期待されています。多くの人が免疫を獲得することで、社会全体が感染症から守られることを期待できます。

ワクチンの供給について

国が確保したワクチンは、大阪府をとおして、府内の市町村に配分されます。

新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと(PDF:5.6MB)

対象者と接種順位

接種日現在、大阪狭山市に住民基本台帳に記録されている人
1 医療従事者
2 65歳以上の高齢者
3 (高齢者以外の)基礎疾患を有する人や高齢者施設などの従事者
※基礎疾患を有する人の具体的な範囲はこちら
4 60~64歳の人
5 市独自優先対象者(身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を持つ人、保育所(園)の保育士、幼稚園・小中学校の教職員など、放課後児童会支援員、鍼灸師、柔道整復師)
6 妊婦及び同居の配偶者
7 それ以外の人

「ワクチンを受けられない人」とは

一般に、以下の方は、ワクチンを受けることができません。ご自身が当てはまると思われる人は、ワクチンを受けて良いか、かかりつけ医にご相談ください。

・明らかに発熱している人(※1)
・重い急性疾患にかかっている人
・ワクチンの成分に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※2)の既往歴のある人
・上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある人

(※1)明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
(※2)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状。

費用

無料

接種回数

2回の接種が必要です。

接種までの流れ

1.接種券の送付

「接種券」はすべての人にお送りしました。

2.接種可能な時期の確認

12歳以上の人

3.予診票の記入

ワクチン接種には事前に予診票の記入が必要です。基礎疾患を有する人等に該当される人は、事前にかかりつけ医と相談のうえ記入してください。

また、ファイザー社製、武田/モデルナ社製、アストラゼネカ社製の新型コロナワクチン予防接種についての予診票・説明書も事前に厚生労働省ホームページで確認してください。

 

厚生労働省 外国語の新型コロナワクチンの予診票等について

4.接種を受ける際の同意

新型コロナワクチンの接種は、皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行います。

 予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスク双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けてください。

 病気で治療中の場合や、体調や接種に不安がある場合は、かかりつけ医などにあらかじめ相談したり、コールセンターを活用し、接種についてお考えください。

厚生労働省コールセンター : 0120-761-770 (午前9時から午後9時 土、日、祝日も受付)

5.ワクチン接種の予約

ワクチンの接種会場を市ホームページなどで確認し、電話やインターネットで接種の予約をします。

6.接種を受ける

下記の持ち物を持って、予約日時に会場へお越しください。

●接種券・・・無い場合は接種できません

●予診票・・・自宅で記入してからお持ちください

●本人確認書類・・・運転免許証、健康保険証など

医療機関の診察券(個別接種の場合)

○お持ちの方は、お薬手帳もご持参ください。

 

「基礎疾患を有する人」とは

基礎疾患を有するかたは、ワクチンを接種して良いか、事前にかかりつけ医に 相談してください(ワクチン接種当日の接種担当医では判断できないことがあります)。

● 令和3年度中に65歳に達しない人であって、以下の病気や状態で、通院または入院している人
・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む。)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(肝硬変等)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
・免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障がい等)
・染色体異常
・重症心身障がい(重度の肢体不自由と重度の知的障がいとが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群
・重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障がい者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障がい(療育手帳を所持している場合)

● 基準(BMI30以上)を満たす肥満の人
※ BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
※ BMI30の目安:身長170cmで体重87kg、身長160cmで体重77kg

 

ワクチンが働く仕組みと効果について 「これから新型コロナワクチンを接種される人へ」

これから新型コロナワクチンを接種される人へ向けて「今、知っておいていただきたいこと」を、近畿大学医学部免疫学教室 宮澤 正顯 教授が解説されていますので、ご覧ください。

※本市と近畿大学は、令和3年6月29日に包括連携協定を締結しました。この協定の締結を機に、これまでの医療・保健といった健康に関する分野での連携に加え、移転後の跡地全体の街づくりなど、様々な分野について連携を深めていきます。

 

ワクチンが働く仕組みと効果について「これから新型コロナワクチンを接種される人へ」

 

 

海外渡航用の新型コロナワクチン「接種証明書(ワクチンパスポート)」

「接種証明書(ワクチンパスポート)」は、新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するものとして、ワクチンを2回接種された人の申請に基づき交付するものです。

海外渡航の際、渡航先への入国時をはじめ、現地での飲食店・施設の利用時等や日本への入国後・帰国後の待機期間に関する新たな措置を受ける際にも活用できるといった理由から、本証明書を必要とする人に発行します。

海外渡航予定のない人は現時点では申請できません。なお、国内においては、「接種済証」または「接種記録書」をもって、ワクチンを接種済みであることを示すことができます。

 

海外渡航用の新型コロナワクチン「接種証明書(ワクチンパスポート)」について

 

 

住所地外での接種

  新型コロナワクチン接種は、住民票所在地の市町村に所在する医療機関で接種を受けることが原則です。

  ただし、やむを得ない事情による場合には、住民票所在地以外でワクチン接種を受けることができます。

住所地外で接種する場合、「市町村(住所地外)への申請」が必要な場合と不要な場合があります。

市町村(住所地外)への申請が必要な場合

・ 出産のための里帰りしている妊産婦

・ 遠隔地へ下宿している学生

・ 単身赴任者 等

市町村(住所地外)への申請が不要な場合

・ 入院・入所者

・ 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合

・ 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合

・ 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合

・ 災害による被害にあったもの

・ 拘留または留置されているもの、受刑者 

・ 国や都道府県が設置する大規模接種会場で接種する場合  等

市町村(住所地外)への申請方法

接種を行う市町村に、事前に届け出を行ってください。

1. 郵送

 「住所地外接種届」を記載し、接種券の写し(コピー)および返信用封筒を添付して接種を希望する医療機関等の所在地の市町村へ送付。(大阪狭山市に住民票があるが、○○市で接種したい場合は○○市へ申請)

 

住所地外接種申請書(PDF:352.7KB)

2.窓口申請

   接種を受ける医療機関所在地の市町村の窓口に「住所地外接種届」及び接種券を提出してください。住所地外接種届出済証が交付されます。

3.コロナワクチンナビ

 市町村により、コロナワクチンナビから住所地外接種の届出を受け付けている場合があります。

こちらから申請を行ってください。

大阪狭山市以外に住民票がある方で、大阪狭山市での接種を希望される場合

  「住所地外接種届」に必要事項を記入し、接種券の写し(コピー)および返信用封筒(84円切手を貼付し、宛先を記載)を添付して郵送または窓口にて提出してください。「住所地外接種届出済証」を発行して返送します。

<申請先>

大阪狭山市保健センター 〒589-0032 大阪狭山市岩室一丁目97番地の3

 

大阪狭山市宛 住所地外接種申請書(PDF:354.7KB)

 

 

接種券・接種済証の再発行

次の場合は、接種券の再発行が必要です。

  • 接種券を紛失、滅失、破損等した場合
  • 接種券の発送後に住民票所在地が変更となった場合
  • 接種券が届かない場合
  • 住民票および戸籍に記載がない場合
  • 予診のみ券を2回使った場合

接種券・接種済証の再発行申請

次の方法で申請してください。

接種済証・接種記録書を紛失し、再発行が必要な場合も、下記方法で再発行申請をしてください。

1.郵送申請

 「【1・2回目接種用】接種券・接種済証 再発行申請書」に記載し、返信用封筒(84円切手貼付)と接種済証の再発行の場合は本人確認できるもの(運転免許証、保険証などの写し)を同封して大阪狭山市保健センターに郵送してください。再発行する人の住民票に記載されている住所地へお送りします。

 【宛先】 〒589-0032  大阪狭山市岩室一丁目97番地の3

 

2.大阪狭山市保健センター 窓口申請 

 「【1・2回目接種用】接種券・接種済証 再発行申請書」に記載し、再発行する人と窓口に来られる人のそれぞれの本人確認ができるもの(運転免許証、保険証など)とこの申請書を持って、大阪狭山市保健センター窓口にお越しください。

 

接種券・接種済証再発行申請書(WORD:17KB)

 

 

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター(制度全般について)

0120-761-770(受付時間 午前9時から午後9時 土、日、祝日も受付)

新型コロナワクチンに関する厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の多言語対応について

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:下記参照(土日・祝日も実施)

日本語・英語(English)・中国語(Chinese)・韓国語(Korean)・ポルトガル語(Portuguese)・スペイン語(spanish):9時00分~21時00分
タイ語(Thai) : 9時00分~18時00分
ベトナム語(Vietnamese): 10時00分~19時00分

厚生労働省「新型コロナワクチンについて」

 

大阪府 新型コロナワクチン専門相談窓口                                       (医学的知見が必要となる専門的な相談)

0570-012-336(受付時間 24時間 土、日、祝日も受付)

聴覚障がいのある方は以下の番号までファックスにてご相談ください

ファックス番号 06-6641-0072

 

大阪狭山市新型コロナワクチンコールセンター

電話 :  0120-795-666

時間 : 月曜日から金曜日 午前9時から午後5時30分 

      ※土・日曜日、祝日は除く

 

人権への配慮について

 

 

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。