平成27年度(2015年度)決算の概要

平成27年度の一般会計及び7つの特別会計の決算がまとまりましたのでお知らせします。


 一般会計は、 歳入総額196億8,516万6,958円
歳出総額 188億9,459万8,508円 となっており
歳入・歳出差し引き額は、7億9,056万8,450円となっています。


7つの特別会計の合計額は、歳入総額 151億0,879万6,382円
歳出総額 143億8,338万8,458円 となっており
歳入・歳出差し引き額は、7億2,540万7,924円となっています。

会計別の決算一覧表(PDF:59.1KB)

なお、地方消費税交付金(平成27年度決算総額1,092,910,000円)のうち、消費税率引き上げによる増加分(500,290,000円)については、児童福祉、障がい者福祉、介護保険、生活保護費などの社会保障施策に要する経費に充当しています。

家計簿で見る決算(一般会計)

 市のお金の流れの中心である一般会計を家計簿形式に置き換えて見てみます。平成27年度一般会計の決算額を4,000分の1にした数値で、表しています。

収入

給与 184万円
パート収入 42万円
貯金の切り崩し 7万円
子どもからの返金 0万円
親などからの援助 221万円
住宅ローン 15万円
生活ローン 23万円


合計 492万円

自主財源・・・自分で稼ぐ収入

【給与】
市税(市民税・固定資産税・軽自動車税・市たばこ税・都市計画税)
【パート収入】
分担金及び負担金、使用料、手数料、寄附金など
【貯金の取り崩し】
財政調整基金繰入金、その他基金繰入金など
【子どもからの返金】
他会計繰入金

依存財源・・・親(国・府)や借入れに頼っている収入

【親などからの援助】
地方交付税、地方譲与税、地方特例交付金、地方消費税交付金、国庫支出金、府支出金など
【住宅ローン】                                                                           地方債(公共施設の整備などに使うための借入金)
【生活ローン】
地方債(臨時財政対策債)

支出

食費 98万円
医療費・教育費 118万円
ローンの返済 43万円
光熱水費・電化製品の購入など 82万円
家電の修理 1万円
地区会費・生命保険料など 32万円                                                                                    貯蓄 0万円 
子どもへの仕送り 57万円
家のリフォーム41万円


合計 472万円

経常的経費・・・生活する上で、欠かすことができない費用

【食費】人件費(市長や市議会議員など市役所で働いている職員の給料)
【医療費・教育費】扶助費(障がい者や高齢者、子育てなどの生活をサポートするための費用)
【ローンの返済】公債費(地方債(借金)の返済に充てる費用)
【光熱水費・電化製品の購入など】物件費(光熱水費、事務用機器のリース代、備品の購入費、委託にかかる費用など)
【家電の修理】維持補修費(道路や学校などを修繕するための費用)
【地区会費・生命保険料など】補助費等(ごみ処理業務やし尿処理業務を他の市町村と共同処理をするために設置された一部事務組合への負担金や市内の団体活動への補助金など)
【貯蓄】積立金(将来のために積立てたお金)
【子どもへの仕送り】繰出金(特別会計に対して支出したお金)

投資的経費・・・より良い生活のために設備を整える費用

【家のリフォーム】投資的経費(道路や学校などの公共施設の建設や改修するための費用)

くわしくは・・・

平成27年度家計簿(PDF:622KB)

普通会計の決算状況

 普通会計とは、すべての市町村の決算状況を同じ条件のもとで統一的に把握するために作られた会計(統計上の会計区分)です。
 大阪狭山市では、一般会計と土地取得特別会計の事務費部分の合計を一定のルールにしたがって調整した会計です。

平成27年度普通会計の決算状況(PDF:952.8KB)

決算カード

 決算カードとは、普通会計ベースの決算状況の数値や主要な指標(例えば経常収支比率、公債費比率など)を一覧表にまとめたものです。

平成27年度決算カード(PDF:316.3KB)

参考 平成26年度決算カード(PDF:316KB)

参考 平成25年度決算カード(PDF:17.6KB)

バランスシート

 通常、地方公共団体は現金主義に基づく単式簿記による会計処理を行っています。
 バランスシートは、複式簿記を採用した企業会計方式により、資産や負債のストックの状況を一覧にし、財務状況をより明確にすることを目的に作成したものです。

 ここでは、住民一人当たりのバランスシートを作成しています。

平成27年度バランスシート(PDF:80.4KB)

行政コスト計算書

 行政コスト計算書とは、人的サービスや給付サービスなど、資産形成につながらないコスト面に着目し、行政サービスの提供のために市役所がどのような活動をしたのかについて、表したものです。

 ここでは、住民一人当たりの行政コスト計算書を作成しています。

平成27年度行政コスト計算書(PDF:109.9KB)

健全化判断比率・資金不足比率

 平成19年6月に、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が公布され、地方公共団体は、毎年度、健全化判断比率などについて監査委員の審査を受け、その意見を付けて議会に報告するとともに、公表しなければならないとされています。

健全化判断比率・資金不足比率

お問い合わせ
総務部財政グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。