共有物代表者指定・変更の届け出

共有物代表者指定・変更の届け出

 土地・家屋などの固定資産を複数の人で共有する場合は、共有者全員が納税義務者となります(連帯納税義務)。ただし、納税通知書は、1人を代表者に定め、その人あてに送付します。

代表者は、

 ・ 課税物件に居住している

 ・ 世帯主である

 ・ 持分割合が多い

 ・ 大阪狭山市外に在住の場合は、近隣市に居住している

などの要素から判断し、指定します。

  代表者を指定したい場合や変更したい場合は、「共有物代表者指定・変更届」を提出してください。提出いただいた次の年度から、指定・変更いただいた代表者あてに通知します。

 ただし、届け出は共有者の総意により提出ください。総意が確認できない場合は、申請を取り消す場合があります。

届け出に必要なもの

  • 共有物代表者指定・変更届
  • 届出人(新代表者)の個人番号カードまたは通知カードの写し、または原本の提示(納税義務者が法人の場合は不要です)
  • 届出人(新代表者)の本人確認ができる書類の写し(運転免許証、健康保険証、納税通知書など)

届出書

共有物代表者指定・変更届(PDF:70.5KB)

記入例(PDF:128.6KB)

お問い合わせ
総務部税務グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。