第四次大阪狭山市総合計画(基本構想及び(前期)基本計画)

第四次大阪狭山市総合計画

 総合計画は、本市の長期的なまちづくりの基本方向と施策の内容を総合的、計画的に示すもので、市政の指針となるものです。同時に、市民と行政の共通目標となる本市の将来像の実現に向けて、市民の諸活動を効果的に結集していく役割をもっています。

計画の構成と期間

 総合計画は、「基本構想」、「基本計画」及び「実施計画」で構成します。

 基本構想の目標年次は、平成32年度(2020年度)とします。

まちづくりの基本課題

人口減少社会における持続可能なまちづくり

 将来の人口構成を見据え、人口減少社会における持続可能なまちづくりを進める必要があります。

少子高齢社会における安全・安心のまちづくり

 地域ぐるみで防災や防犯、介護や身近な支えあいに取り組み、暮らしの安全・安心を高めていくまちづくりを進めることが求められています。

環境負荷の低いまちづくり

 市民や事業者とともに環境負荷の低いまちづくりに取り組む必要があります。

地方分権への対応と自立と協働のまちづくり

 地方分権に対応した自立したまちをめざすとともに、市民との協働のまちづくりをさらに進める必要があります。

高度情報化に対応したまちづくり

 情報格差の発生、個人情報の保護、インターネット犯罪の増加などに留意しつつ、さらなる有効活用を進める必要があります。

まちづくりの基本理念

 本計画では、第三次総合計画基本構想に引き続き、まちづくりの中心に「人」を位置づけ、一人ひとりが豊かな人間性をつちかい、互いの人権を尊重しあいながら、安心していきいきと生活できる、すべての人にやさしいまちづくりを基本理念として掲げます。

 また、先人の英知とたゆまぬ努力によって発展してきた大阪狭山市を次世代に引き継いでいくために、大阪狭山市にかかわるすべての人が、それぞれ市民自治の担い手であることを自覚し、誰もが主体的にまちづくりに参画し、協働する市民自治によるまちづくりを進めます。

市の将来像

 本市はこれまで市民参画と協働を基調とし、すべての人にやさしいまちづくりに取り組んできました。また、市民と行政のパートナーシップによるまちづくりの成果として、さまざまな取組を生み出すとともに、まちづくりを担う人材が育ってきています。
 これらの成果を踏まえ、市民の心のよりどころであり、本市のシンボルである狭山池の水がきらめくように人が輝き、人と自然との共生、さらには人と人との共生をめざしたまちづくりを進めていきます。また、互いの人権を尊重しあいながら市民が生活の豊かさを実感できる生活本位のまちをめざすことにより、地域への愛着や誇りを醸成し、まちづくりの活動を次世代に継承していきます。
 このような考え方と基本理念を踏まえ、大阪狭山市がめざす新たな将来像を次のように設定します。

「水きらめき人が輝く共生のまち大阪狭山」

人口の想定

 本市の人口は、10年後の平成32年には57,139人、20年後の平成42年には53,616人になると推計されます。
 このような人口推計を踏まえ、安全で安心して暮らせるまちづくり、子育てにやさしいまちづくりを進めることで、定住・転入促進を図り、年代バランスのとれた人口構成をめざします。
 そうした施策を展開することにより、目標年次(平成32年度)の人口規模を58,000人と想定します。

都市構造・土地利用の構想

(1)都市構造

 まちのシンボルである狭山池を都市構造の中心に据え、河川や緑地など自然の骨格と幹線道路や鉄道などの交通の骨格を都市軸とし、都市の魅力を高める都市拠点を適地に配置することにより、まとまりのある都市構造の形成を図ります。

(2)土地利用

 本市では、自然環境を保全しつつ、良好な住環境と都市的な魅力をあわせもったまちづくりをめざし、市内各地域の特性と課題に応じた地域を設定し、計画的な土地利用を進めてきました。

 第四次総合計画においても、現在の土地利用の構想を継承しつつ、総合的な土地利用を図ります。

都市構造・土地利用構想図

都市構造・土地利用構想図(PDF:143.1KB)

分野ごとのまちづくりの目標

 本市の将来像の実現に向けて、4つのまちづくりの目標と、このまちづくりの目標を実現する推進力として、2つの横断的な目標をあわせ、6つの施策の大綱を定めます。

(1)大阪狭山らしさを創出する自立と協働のまち

 市民と協働し、地域の自立をめざす施策に取り組むことによって、まちづくりの目標実現の推進力を高め、大阪狭山らしさを創出します。また、一人ひとりの人権が尊重され、性別に関係なく、能力や個性が発揮できる社会の実現をめざします。

(2)健康で安心して暮らし続けられる思いやりのあるまち

 保健、福祉、医療の連携を図り、総合的に施策を展開することによって、障がいの有無や年齢にかかわらず、子どもから高齢者まですべての市民が、住みなれた地域の中で、健康で生きがいのある生活を営むことができるまちをめざします。

(3)人と自然が共生する環境にやさしいまち

 水や緑の環境を保全し、狭山池を中心とした水と緑のネットワークの形成を図ります。また、市民や事業者などとともに環境負荷の低減に取り組むことによって、人と自然が共生する循環型社会をめざします。

(4)ともに学び世代をつないで人を育むまち

 安心して子どもを生み育てることができる環境づくりに努めるとともに、地域ぐるみで子どもたちを守り育てる施策に取り組むことによって、次代を担う人材を育みます。また、文化・スポーツ活動などを通じて誰もが生涯にわたって学ぶことができるまちをめざします。

(5)にぎわいがあり安全で快適な暮らしのあるまち

 都市基盤の整備を計画的に進め、水や緑と調和した、快適で魅力ある住環境の形成を図るとともに、防災、防犯、救急救命などの施策に取り組むことによって、安全・安心が確保されたまちをめざします。また、地域産業の活性化を図り、活力とにぎわいのあるまちをめざします。

(6)みんなで創る持続可能なまち

 情報公開や行財政改革、広域連携などの取組を積極的に進めることによって、新たな時代潮流に対応した効率的で持続可能な行財政運営をめざします。

計画書

第四次大阪狭山市総合計画

第四次大阪狭山市総合計画(PDF:6.9MB)

基本構想(PDF:1.5MB)

基本計画(PDF:2.5MB)

第1章大阪狭山さしさを創出する自立と協働のまち(PDF:2.6MB)

第2章健康で安心して暮らし続けられる思いやりのあるまち(PDF:2.6MB)

第3章人と自然が共生する環境にやさしいまち(PDF:2.6MB)

第4章ともに学び 世代をつないで人を育むまち(PDF:2.6MB)

第5章にぎわいがあり安全で快適な暮らしのあるまち(PDF:2.6MB)

第6章みんなで創る持続可能なまち(PDF:2.6MB)

資料編(PDF:1.6MB)

第四次大阪狭山市総合計画

第四次大阪狭山市総合計画【概要版】(PDF:5.8MB)

第四次大阪狭山市総合計画実施計画

第四次大阪狭山市総合計画実施計画(平成27年度実施事業分)(PDF:2.7MB)

第四次大阪狭山市総合計画実施計画に基づく実績

第四次大阪狭山市総合計画実施計画(平成27年度実績)(PDF:1.6MB)

第四次大阪狭山市総合計画実施計画(平成26年度実績)(PDF:1.4MB)

第四次大阪狭山市総合計画実施計画(平成25年度実績)(PDF:919.2KB)

第四次大阪狭山市総合計画実施計画(平成24年度実績)(PDF:779KB)

第四次大阪狭山市総合計画実施計画(平成23年度実績)(PDF:1.7MB)

実績に対する評価及び意見

施策や事務事業の進捗状況等について、外部の視点から評価していただくため、行政評価委員会を設置しています。詳しくは下記リンクをご覧ください。

行政評価

第四次大阪狭山市総合計画の策定経過

第四次大阪狭山市総合計画の策定経過については、下記リンクをご覧ください。

第四次大阪狭山市総合計画(基本構想及び(前期)基本計画)の策定経過

お問い合わせ
政策推進部企画グループ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。