狭山池バタフライガーデン

狭山池バタフライガーデン 蝶の森

平成18年4月30日、狭山池公園の中に「バタフライガーデン」が「狭山池さくら満開委員会」によってつくられました。バタフライガーデンとは、たくさんの蝶が訪れ吸蜜する花や、蝶が産卵・生育するための食餌植物を植樹した庭のことをいいます。現在花の咲く吸蜜植物が18種類330本、蝶の食餌植物29種類235本が植えられており、年間を通じて40種類の蝶が観察できます。
バタフライガーデンには、四季それぞれ彩り豊かな花が咲き、年間を通じてたくさんの蝶が舞い、狭山池公園を散策する人たちの憩いの場所であり、子どもたちの自然環境教育の場所になっています。

バタフライガーデンの場所

上空写真

バタフライガーデンの様子1枚目

バタフライガーデンの様子2枚目

バタフライガーデンに舞う蝶たち

ジャコウアゲハ

アオスジアゲハ

ナミアゲハ

モンキアゲハ

モンキアゲハ

ツマグロヒョウモン

アカタテハ

コミスジ

ヒメアカタテハ

ヒメアカタテハ

アサマイチモンジ

ホシミスジ

トラフシジミ

モンキチョウ

バタフライガーデンで命を育む幼虫たち

ジヤコウアゲハの幼虫

ナミアゲハの幼虫

ナミアゲハの幼虫

ルリタテハの幼虫

キアゲハの幼虫

キアゲハの幼虫

産卵・生育ゾーンと訪蝶・吸蜜ゾーン

産卵・生育ゾーン

訪蝶・吸蜜ゾーン

訪蝶・吸蜜ゾーン

バタフライガーデンの植物たち

フユザンショウ

ブツドレア

皇帝ダリア

お問い合わせ
都市整備部公園緑地グループ