西除川遊歩道の整備を進めています。

西除川左岸において、遊歩道の整備を進めています。

 現在、『大阪狭山市水とみどりのネットワーク構想』に基づき、歩いて楽しい水とみどりの歩行者ネットワークの形成のため、狭山池上流の西除川左岸において、西除川遊歩道の整備を進めています。

狭山池橋下アンダーパス

 令和元年度、府道森屋狭山線の狭山池橋下にアンダーパスを整備しました。

 これにより、府道森屋狭山線で分断されていた狭山池公園周遊路と西除川緑道がつながり、狭山池南側から狭山池公園への新たな人の流れが生まれています。

アンダーパス

アンダーパス

西除川緑道

 令和2年度、西除川緑道のリニューアルを行いました。

 西除川緑道は、整備から数十年経過しており、生垣の繁茂により死角が多いことや、雨天時のぬかるみなどが原因で、車道を歩く人が多く見られ、本来の緑道としての姿を失いつつありました。

 そこで、生垣を低くし、カーブ区間ではガードパイプを新設することで交通安全対策を行うとともに、自然色アスファルト舗装を行い、通行時の快適性を向上させました。

ryokudou

アンダーパス

半田32号線(大正橋~金剛橋)の遊歩道

 令和3年度から半田32号線の遊歩道整備を進めています。

 大正橋から金剛橋までの区間においては、歩道が未整備であり、雑草の繁茂時には対向車から歩行者が死角になるなどの交通安全上の問題もあります。

 そこで、遊歩道を新たに整備することで、交通安全対策を行うとともに、より河川に近い場所を歩けるようにすることで、これまで以上に親水空間を楽しめる場所を創出するものです。

 令和4年8月には、大正橋から藤渡橋までの遊歩道が完成しました。引き続き、上流区間の遊歩道整備を進めてまいりますので、施工中におきましては、みなさまのご協力をお願い致します。

半田32

東茱萸木二丁目地内の遊歩道

 令和2年度に、東茱萸木二丁目地内に遊歩道を整備しました。

 これまで雑木や雑草が茂っていた旧河川敷に、大阪府富田林土木事務所と連携し、遊歩道や子どもたちが走り回ることができる人工芝生広場の整備を行い、毎年5月、6月ごろに周辺で飛び交うヒメボタルを遊歩道に描きました。ヒメボタルのお尻には蓄光塗料を使用しており、日が落ちると、お尻がぼんやりと光ります。

ヒメボタル

大阪狭山市水とみどりのネットワーク事業について

お問い合わせ
都市整備部土木グループ