固定資産評価審査委員会

大阪狭山市固定資産評価審査委員会

固定資産評価審査委員会とは

  固定資産課税台帳に登録された価格に関する不服を審査決定するために、法律に基づき設置された独立の第三者機関で、公平、中立的な立場から固定資産の価格が適正に評価されたものであるかどうかについて、審査を行います。

審査の申出ができる事項

  1. 固定資産課税台帳に登録された価格に対する不服に限られています。
    固定資産の価格以外の事項に関する不服(賦課処分、税額そのものなど)については、審査の対象になりません。(行政不服審査法の規定に基づく異議申立ての対象となります。)
  2. 基準年度(3年に一度の評価替えを行う年度)においては、すべての土地及び家屋について価格が見直されますので、これらについて審査の申出ができます。
    土地の地目変換や家屋の新築、増改築などがあった場合を除き、基準年度以外の年度においては、審査申出のできる事項が制限されます。

審査の申出ができる期間

  固定資産課税台帳に価格等を登録した旨の公示の日から納税通知書の交付を受けた日後3月までの間です。なお、土地及び家屋価格等縦覧帳簿を縦覧に供した日以後に価格の修正等があった場合は、その通知を受けた日から3月以内です。

審査の申出の方法など

  1. 審査申出書(正副2通)を固定資産評価審査委員会事務局まで提出してください。郵送される場合は、その郵便の消印の日付が上記の期間内であれば有効です。審査申出書の様式は事務局に備え付けています。また、主な様式、記載例は、下記「主な様式など」からダウンロードすることができます。
  2. 審査結果は文書をもって通知します。一般的な審査決定の手続の流れは下記PDFファイルを参照してください。

その他

  1. 審査申出にあたっては、あらかじめ評価の根拠などについて税務グループにおいて十分に説明を受けてください。
  2. 審査申出と税金の納付は直接関係がなく、たとえ審査申出中であっても納期限を過ぎますと滞納として取り扱われます。審査の結果、申出が容認されますと清算されますので、固定資産税、都市計画税は納期限までにお納めください。

主な様式など

提出書類(様式)

固定資産評価審査申出書(土地)〔正・副〕(WORD:52.5KB)

固定資産評価審査申出書(土地)〔正・副〕(PDF:126KB)

固定資産評価審査申出書(家屋)〔正・副〕(WORD:53.5KB)

固定資産評価審査申出書(家屋)〔正・副〕(PDF:129.7KB)

別紙様式(申出の趣旨及び理由)(WORD:21KB)

別紙様式(申出の趣旨及び理由)(PDF:37.9KB)

委任状(代理人により申出を行う場合のみ)(WORD:27KB)

委任状(代理人により申出を行う場合のみ)(PDF:60.6KB)

記載方法

固定資産評価審査申出書(土地)の書き方(PDF:172.2KB)

固定資産評価審査申出書(家屋)の書き方(PDF:179.1KB)

審査申出人が総代であるときなどは、上記以外にも必要となる書面があります。詳しくは、事務局までお問い合わせください。

お問い合わせ

   大阪狭山市固定資産評価審査委員会事務局
    郵便番号 589-8501 大阪狭山市狭山1丁目2384番地の1
    電話 072-366-0011(代表)
    ファックス  072-366-6800

大阪狭山市固定資産評価審査委員会事務局へメールを送信

お問い合わせ
総合行政委員会事務局

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。