新型コロナウイルス感染症について

 中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が報告され、中国を中心に、世界各国からも発生が報告されています。

 国内においても、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が確認されています。

 正確な情報は、厚生労働省ホームページや大阪府ホームページをご覧ください。

 

新型コロナウイルスに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

新型コロナウイルス関連肺炎について(大阪府ホームページ)

大阪府 相談窓口

厚生労働省 相談窓口

市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症とは

 ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
 感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

 

日常生活で気を付けること

 風邪や季節性インフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を徹底し、ウィルスの感染を予防しましょう。

【手洗い】

ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

【普段の健康管理】
普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

【適度な湿度を保つ】
空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。
※咳や発熱などの症状のある人に近づかない、人混みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防策を優先して行いましょう。

【咳エチケット】
くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
・マスクを着用します。(使い捨てマスクがないときは、ガーゼマスクや、タオルなど口を塞げるものでも、飛沫(くしゃみなどの飛び散り)を防ぐ効果があります)
・ティッシュなどで鼻と口を覆います。
・とっさの時は袖や上着の内側でおおいます。

 

帰国者・接触者相談センター

 新型コロナウィルス感染症の感染が疑われる場合は、保健所に帰国者・接触者のための相談センターが設置されていますので、事前にご相談ください。
  

  また、次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
   (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ※ 高齢者や基礎疾患等のある方、妊婦の方等は、上の状態が2日程度続く場合

 

《帰国者・接触者相談センター》

●大阪府富田林保健所   電話番号:0721-23-2683、ファクシミリ:0721-24-7940 

                (土日祝を含めた終日つながります)
                 

 

 

お問い合わせ
健康福祉部健康推進グループ