悪質な業者にご注意

大阪狭山市では敷地内の設備に関する点検や料金が発生する修理、器具の販売あっせんはしていません

市がおこなう工事にあわせて、敷地内の水道管や排水管・排水ますの点検や洗浄、補修などで、個人のお宅を訪問させていただくことはありません。また、浄水器などの器具類の販売あっせんも一切おこなっておりません。通常の場合、各家庭を訪問して水質検査を行なうこともありませんし、そのような業務を業者に委託することもありません。市職員は身分証明書を携帯していますので、不審な場合は提示を求めてください。
市の職員や委託業者が訪問してお金の支払いが伴う行為を行うことはありません。ご注意ください。

悪質でまぎらわしい表現や手ぐちの例

「市(市役所)のほうからうかがいました」
 ⇒ 市は関係なく、そちらの方角から来たという意味だが、市役所から派遣されたと思い込ませる。

「市の工事でお騒がせしているので、ついでに点検にうかがいました」
 ⇒ 自分が市の工事を受託している業者であるかのような表現で警戒感をあたえずに、敷地内に入り込む。点検は無料だが、不必要な修理を強要されたり、見えない部分を破損させたうえで「修理が必要」と迫られたりする例も。

水道水に薬品を加えて色が変わると「身体に悪い成分が含まれている」などと言って不安をあおり、高額な浄水器や不必要な器具を販売しようとする。
 ⇒ 水道水には厳しい水質基準があり滅菌消毒用の塩素がわずかに含まれています。塩素濃度を測定する薬品が水道水に反応して発色するのは、安全な水の証明です。

お問い合わせ
上下水道部上水道グループ