「アポ電」(特殊詐欺)に注意してください!

9月8日午後2時40分ころ、大阪狭山市大野台1丁目付近の高齢者方に、市役所職員を騙り、「後期高齢者保険を払いすぎている」「期限が切れるので大急ぎで手続きをしてほしい」「ATMに向かってくれ」等と告げる電話があり、高齢者がATMに向かうと再度電話があり、指示に従いATMを操作したところ、お金がとられる還付金詐欺が発生しました。
ATMで還付金は戻ってきません。
不審な電話があればすぐに対応せず、一旦電話切り、すぐに警察に連絡してください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年8月21日13時30分ころ、大阪狭山市西山台6丁目の高齢者宅に、市役所職員を騙る人物から「還付金があります。口座番号を教えてください」などの電話がかかってきています。このような電話はすべて詐欺です。詐欺の被害にあわないためにも他人に「キャッシュカードを渡さない・暗証番号を言わない」ようにしましょう。

不審な電話がかかってくれば、すぐに対応せず、一旦電話を切断し、黒山警察署(電話:362-1234)へ電話しましょう。  

-----------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年8月19日13時10分ころ、大阪狭山市西山台5丁目付近の高齢者方に、市役所職員を騙り「介護保険料の払戻しがある。書類の締切りが過ぎている。書類は届いているか。」等と告げる不審な電話が架かってくる事案が発生しました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年8月14日11時頃、黒山警察署生活安全課の警察官を騙り、「18人の詐欺グループを捕まえた」「ご主人のカード手元にありますか」などと告げる電話が架かってくる事案が連続して発生しています。 警察官がキャッシュカード等を預かったり、暗証番号を聞くことはありません。他人が自宅に来ても、絶対にキャッシュカードは渡さず、暗証番号も言わないようにしましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年6月23日10時頃、警察官を騙り、「詐欺のグループが捕まった。あなたのカードが使われている。」と告げる不審な電話が、狭山5丁目、半田、金剛地区周辺に多数かかってきています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

令和2年6月17日午後4時頃、大阪狭山市西山台5丁目の高齢者宅に三井住友銀行の職員を名乗る男から「キャッシュカードを交換する必要がある」「暗証番号を教えてほしい」「今から大阪狭山市内を巡っている別の職員に向かわせる」との電話があり、その後、自宅を訪問してきた銀行職員を名乗る男にキャッシュカードを手渡す事案が発生しました。
犯人の男は、身長160センチくらい、年齢20歳から30歳くらい、黒っぽいスーツ、マスク着用の男です。
銀行職員が口座の暗証番号を聞いたり、キャッシュカードを取りに行くことはありません。

 

これまでも、市内で多くの「アポ電」がかかってきています。
「アポ電」とは、「アポイントメント電話」の略で、オレオレ詐欺などをするときに、事前に電話をかけ、息子や金融機関職員になりすまして、相手の家族のことやお金の額を確かめる電話のことです。
警戒していても、犯人は言葉巧みに皆さんを騙そうとしてきます。
また、「アポ電」が強盗に発展し、お金だけでなく命が奪われる事件も発生しています。
息子や警察官を名乗ったとしても、お金がらみの電話には警戒するということが肝心です。
「わたしは大丈夫」と思わず、不審な電話がかかってきたら、すぐに警察や家族に相談しましょう。

 

特殊詐欺などの被害を未然に防ぐため自動通話録音装置を貸与しています

市では、市民の皆さんの大切な財産を守るための対策として、特殊詐欺を未然に防止するため、被害を抑止する効果が期待できる自動通話録音装置の無償貸与を行っています。

郵送で申し込んでいただくことができます。

ただし、機械の受け取りは窓口に来ていただく必要があります。

自動通話録音装置の貸与について

 

こんな電話は要注意

●息子や孫を名乗り…

 「会社のお金を使い込んだので、現金を送ってほしい持ってきてほしい)。」

●警察官や銀行協会などの職員を名乗り…

 「口座が悪用されているので、預金を引き出してください。職員が自宅までその現金を

 受け取りに行きます。」

●社会保険庁や市役所などの職員を名乗り…

 「医療費等の過払い金をATMで返金します。」

 

新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺に注意してください!

新型コロナウイルス感染症に便乗した詐欺が発生しています。
次のような電話やメール、訪問があれば、すぐに応じることなく、まず家族や警察に相談しましょう。

「マスクを特別価格で提供するので、急いで振り込んでください」

「新型コロナウイルスに効く漢方薬を売っています」

「保険料の過払いがあるので返金します。新型コロナウイルス関係で市役所は忙しいのでATMで手続きをします」

「新型コロナウイルスの関係で、○○歳以上の高齢者に支援金が出ます」

 

特殊詐欺の被害にあわないために

特殊詐欺の被害にあわないためには、「自分は大丈夫」と思わずに、

 

不審な電話があった場合は、本人(息子や孫など)や関係行政機関等に必ず確認をする。

振り込む前に、家族や友人などに相談する。

ATMを操作する前に、銀行の職員やコンビニの店員等に相談する。

 

など、あわてず冷静に考えることが大事です。

不審な電話を受けたときは、黒山警察署(電話:362-1234)に相談してください。

 

市ホームページの偽サイトにご注意ください

現在、複数の自治体で、公式のホームページになりすました偽のホームページが見つかっています。

特に、コロナウイルスに関する注意喚起情報が掲載されているウェブサイトが主なターゲットになっていると考えられます。
アクセスしてしまうと、不正に個人情報が抜き取られるなどの被害を受ける恐れがありますので、ご注意ください。

市ホームページの偽サイトにご注意ください

お問い合わせ
防災・防犯推進室